FXで取引する対象である『通貨ペア』について学ぼう

FXの基礎

FXでの取引は、日本円を含む世界各国の通貨を対象とした投資です。

FX会社が取り扱っている通貨ペアにしか投資できないという制限はありますが、その数は膨大で中には知らない通貨もあるでしょう。

知識として抑えておくと、トレード戦略を立てるときに役立つことがあります。

通貨ごとに特徴があり、値動きの激しさ、動きやすい時間帯、通貨ペアとの相関性など、さまざまなクセのようなものを持っているからです。

今回は、「通貨ペアとはどういうもの?」ということに重点をおいて解説していこうかと思います。

そもそも『通貨ペア』とは何?

売買する2カ国間の通貨を「通貨ペア」といいます。

例えば日本円で米ドルを売買しようと考えた場合は、通貨ペアは「米ドル/円」、ユーロと米ドルであれば「ユーロ/ドル」のように2つの国の通貨が必ずペアになります。

FX会社により異なりますが、「ドル/円」と日本語で表記される場合もあれば「USD/JPY」と英語表記であったりします。意味は同じですので、FX会社がどんな通貨ペアを取り扱っているのか確認してみましょう。

取り扱っている通貨ペアはFX会社によって異なる

米ドル・ユーロ・ポンドのような主要通貨は、どのFX会社を選んでも対応しているため特に気にする必要はありません。

一方で、南アフリカランド・トルコリラ・メキシコペソといった通貨は、取引できるかどうかはFX会社により変わってきます。

こういったマイナー通貨を取引しようと考える場合は、FX会社が取り扱っているのか事前に確認しておきましょう。

数多くある通貨は、メジャー通貨とマイナー通貨に分類されます。詳細は「メジャー通貨とマイナー通貨の違い」も参考にして下さい。

メジャー通貨とマイナー通貨の違い

FX取引での代表的な通貨ペア

数多くある通貨ペアの中で、代表的なものといわれると迷いますが比較的多くトレード対象とされている通貨ペアを一例としてあげてみました。

英語表記日本語表記英語表記日本語表記
USD/JPY米ドル/円  
EUR/JPYユーロ/円EUR/USDユーロ/米ドル
GBP/JPY英ポンド/円GBP/USD英ポンド/米ドル
AUD/JPY豪ドル/円AUD/USD豪ドル/米ドル
CAD/JPYカナダドル/円NZD/USDニュージーランドドル/米ドル
NZD/JPYニュージーランドドル/円USD/CHF米ドル/スイスフラン
CHF/JPYスイスフラン/円EUR/CHFユーロ/スイスフラン
TRY/JPYトルコリラ/円GBP/CHF英ポンド/スイスフラン
ZAR/JPY南アフリカランド/円EUR/GBPユーロ/英ポンド

知っている通貨も多いかと思います。FXでは、これらの通貨ペアから自由に選んで売買を行っていきます。

通貨ペアのルール – 主軸通貨/決済通貨

「ドル/円」のように「/」を挟んで右側にくる通貨と、左側にくる通貨にはルールがあります。

左側の通貨は「主軸通貨」、右側の通過は「決済通貨」とされています。

ドル/円を例にすると、主軸通貨は左側の通貨のドル、決済通貨は右側の日本円です。

ドル/円の買い注文をするならば「ドルを買い、日本円で決済する」という取引をしています。

一言で言うと「左の主軸通貨で売買して、右の決済通貨で決済する」決まりになっています。

そして通貨ペアの表示順序も決まっていて、「円/ドル」のような通貨ペアは存在しません。

通貨ペアの表示順ルール

為替相場の世界では力のある通貨が主軸通貨になります。金融の世界はイギリスから始まったこともあり、国旗にユニオンジャックのある国の通貨は主軸通貨になります。

米国、英国、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどが該当します。

通貨には歴史的な背景があり、何世紀にも渡って作られてきたルールが名残として残っています。

ですので、日本円が主軸通貨になることはありません。常に決済通貨として「○○/円」と表示されます。

コメント