FXではどうなればお金が増えるのか?FXで利益を出す2つの方法

FXの基礎

FXでは外国の通貨を対象に売買する投資ですが、その稼ぎ方には2つの方法があります。

それが、為替差益と金利差益(スワップ)です。それぞれキャピタルゲインとインカムゲインとも呼ばれますが、2種類の稼ぎ方があると理解しておけば十分です。

FXではこの2つの仕組みを利用して利益を作っていくことになるため、違いを理解した上で自分に合ったものをメインにトレードしていくことになります。

今回はトレードで利益を出すための具体的な方法ではなく、FXで利益をだすとはどういうことなのか。FXを始める前段階の基礎的な内容となります。

為替差益

為替差益では、外国の通貨を売買した差益が損益となります。

簡単に言うと「米ドルのような他国の通貨を、1米ドル100円のときに1万通貨買って1米ドル101円になったから売る」

というトレードを繰り返すことで利益をだしていきます。

一般的にはこの為替差益で利益を出していく方法をイメージするでしょうし、利益をだしていくためのメインとなります。

上記の例だと米ドルの購入額は

100円(1米ドル)×10,000(通貨)=1,000,000円(購入額)

となり、100万円分の米ドルを買ったということです。つまり、100万円の投資資金がなければ基本的には買えません。

しかし、FXにはレバレッジという仕組みがあるため100万円の資金がなくても買うことはできます。

国内業者では、レバレッジの最大は25倍です。レバレッジを25倍かけた取引を行うと

1,000,000(必要資金)÷25(レバレッジ)=40,000(最低必要な資金)

のようになり、実際は100万円必要なのですが、レバレッジをかけることで4万円の資金があれば取引できることになります。

そして1米ドル100円から101円になったので決済したとすると、

1円幅の利益です。日本円ではいくら稼ぐことができたのかというと。

10,000(通貨)×100円(購入レート)=1,000,000円(購入額)

10,000(通貨)×101円(決済レート)=1010,000円(決済額)

1,010,000 ー 1,000,000円 = 10,000円(為替差益)

以上のような形で、為替差益である1万円が利益となります。

買った価格よりも為替レートの価格が上昇すれば利益となり、逆に下がれば損失となる。このようなシンプルな取引です。

また、ここまでの説明は買い注文の場合ですが、売り注文もできますので(売った価格よりも為替レートの価格が下がれば利益、上がれば損失)、相場が下落している場合にもトレードする機会があることが特徴です。

金利差益(スワップ)

通貨の金利は国ごとに異なる

各国の通貨の金利は、政策金利として簡単に調べることが出来ます。

例えば、2018年では日本円の金利は0.1%。アメリカの金利は2.0%となっています。

その金利差は1.9%ですね。

日本円で米ドルを買っていた場合、この金利差分のお金が保有している限り毎日受け取れます。

具体的に計算してみるとイメージできるかと思います。

米ドルを10万円分保有した場合の例

例として、米ドルを10万円分買って持ち続けていた場合を見てみましょう。

10万円に1.9%の金利がつくので

100,000円×1.9%=1,900円(年間)

トレードしなくても1年で1,900円の利益がでます。

買った米ドルを保有し続ける限り、毎日スワップポイントを受け取ることができます。

1日あたりどれだけ受け取れるのかというと。

1,900円÷365日=5.2円(1日)

となり、1日につき約5円を毎日受け取れることになります。

1日に5円と聞くとなんだかガッカリですが、銀行預金などと比べるとはるかに収益効率がよいことがわかります。

今回は米ドルを例にあげましたが、インカムゲイン狙いの取引となるとやはり高金利通貨が人気です。

理由は高金利通貨だと、それだけ金利差が大きくなるため1日に得られるスワップポイントも大きくなるからです。

高金利通貨の代表国

一昔前はオーストラリアやニュージーランドが5%を越えるような高金利通貨の代名詞でしたが、現在は米ドルと金利に差はありません。

現在はオーストラリアが1.5%、ニュージーランドが1.75%のように金利は国の経済状況に応じて長い年数をかけて変化します。

代わりに注目を浴びているのが、メキシコやトルコの通貨です。

メキシコは8%、トルコにいたっては24%と非常に高い金利となっています。

高金利通貨ほど日本との金利差が大きくなるため、スワップ狙いのインカムゲインに有利となります。

ただし、高金利通貨の国というのは経済が安定していなかったり、問題を抱えているケースが多いため注意が必要です。

コメント