トレンドラインを理解する

トレンドライン

今後の相場の動きを知りたいとき、頼る道具はインディケータという人は多いでしょう。移動平均線がその筆頭ですね。

しかし使い方を覚えなければいけませんし、あるていど実際に使ってみて、どういった場合に有効なエントリーができるのかは検証が必要です。

つまり使いこなすために時間がかかるのがネックです。

そのような煩わしさを解消し、初心者から熟練者まで使える武器が「トレンドライン」や「水平線」のラインです。

FXの経験年数にかかわらず、どんな手法やトレードスタイルであっても共通して使われるトレンドラインは真っ先にマスターしておきたい武器です。

今回はトレンドラインについて知らない方や、役に立たないと感じている方にもう一度目を向けてもらいたい内容です。

「トレンドの把握」と「エントリーポイント」どちらが大切か

どちらも大切ですね。エントリー時点で結果がほぼ確定しているようなものという意味では「エントリーポイント」が一番重要なのですが、闇雲にエントリーはしませんよね?

必ずエントリーの前段階として、チャートやファンダメンタルズの分析が自分なりにあるはずです。

それはこれから相場が上下どちらの方向へ進んでいくのか、トレンドを把握しようとしている行為です。

「トレンドを把握する」ことは、FXで安定した収益を上げるために必須であるため「エントリーポイント」よりも重要事項です。

トレンドに乗っていれば失敗も許される

トレンドにさえ乗っていれば、多少のエントリーミスは相場が許してくれます。相場の方向とエントリー方向が合ってさえいれば必ず順行するからです。

トレンド方向にポジションを持つトレンドフォローは、圧倒的に勝ちやすくなります。

トレンドを見つける必要がでてきましたが、お手軽な方法がトレンドラインを引くという作業です。

「トレンドラインを引く」ということは

トレンドラインは、直近の過去から未来へ向かってラインを引くことになります。

まだローソク足が確定していない未来へラインが伸びています。

トレンドラインの難しさは、トレンドラインを信じきることができない部分にあります。

仮に右肩上がりのトレンドラインが引けたとして、そのラインの通りに相場が進んでいくでしょうか?もちろん100%になり得ません。

ですが、直近の過去より導き出された直近の未来ということで優位性は確実にライン方向であると示されています。

自信をもってエントリーできるように練習してみましょう。引いたライン上で今後どのような反応をするのか、ローソク足1本1本の形に注意を払ってみてください。

トレンドラインから読み取れる情報は人それぞれ

トレンドラインはトレンドを把握するために引きます。トレンド方向にそって、トレンドラインに近づいてきた場面が基本的なエントリーポイントですね。

ラインが引けないということは、トレンドがないということですので「レンジ」です。

また、トレンドライン上に価格があるとしても、ラインから大きく離れているのではエントリーするのは難しいですね。もっとラインに引き付けるべきです。

このようにトレンドラインは、エントリーポイントとエントリーしないポイントをみつけることができます。

トレンドライン上にあるのにエントリーしない選択というのは、意外と難しいものです。

そういった状況下の相場は上昇(下落)傾向が目に見えて強く、エントリーしたくなりがちです。

自分なりにルールは決めておく必要はあるでしょう。

トレンドラインから読み取れる情報

トレンドラインから読み取れる情報は、トレンドの有無と方向だけではありません。

  • 傾きによるトレンドの強弱
  • 先行指標
  • エントリータイミング
  • エグジットタイミング
  • トレンドがどこまで続くかのおおよその目処
  • トレンドラインの信頼性(月足>週足>日足など)
  • 環境認識
  • 今後動いていくであろう値幅

など、ざっくり挙げてもこれだけあります。そして始めはトレンド方向の把握に使い、次にエントリータイミングで使うといった具合だと思います。

他にも色々と活用方法があるのですが、始めは読み取ることができないし、人により読み取る差があるのがトレンドラインです。

 

コメント