チャートの種類:ローソク足・ラインチャート・バーチャート

ローソク足

株や為替など価格が変動する商品は、リアルタイムに取引されるため常に価格が上下に変動しています。

この刻一刻変動する価格を分析し売買判断をするためには、やはりグラフがあると便利なものです。

ローソク足チャートはその一つですが、他にもいくつか種類があるので紹介します。

目に見える形にするには図で表すのがわかりやすい

ローソク足チャート

株・為替チャートと思い浮かべるとこのローソク足チャートですよね。

もともと米相場の値動きを表すために江戸時代に考案されたと言われています。

名前の通り、値動きがローソクのような形で表されるのが特徴です。

シンプルですがローソク1本からでも多くの情報や売買のヒントを得ることができます。

ローソク足の見方については別ページで詳細に見ていくことにして、FX取引では主にローソク足チャートを使って相場を分析し、売買していくことになります。

 

バーチャート

上図のローソク足チャートをバーチャートで表示したものです。

海外ではバーチャートがよく使われているようです。海外の書籍の翻訳版を読んだりすると引用されているチャート画像はバーチャートだったりしますね。

表される情報はローソク足と同じです。でもローソク足の方が見やすくてわかりやすいです。

 

ラインチャート

ある期間に、終値を折れ線グラフで表したものです。

これも上図のローソク足チャートをラインチャートで表示しています。

ローソク足、バーチャートと比べるとさらにシンプルで値動きの推移がわかりやすいですね。

ただし、終値だけをグラフで表すため、終値から次の終値までの間でどのような価格の動きがあったのかはわかりません。

そのためチャート分析には不向きで、価格の流れを大まかに確認したい場合にはローソク足よりもわかりやすいといえます。

また、ローソク足チャートでは見落としてしまいそうな小さな谷や山を判断するにはラインチャートが役に立ちます。

 

チャートは必要に応じて使い分けてみよう

下図はローソク足とラインチャートを並べてみました。

赤丸や四角で囲んだ横ばいの場面。ローソク足ではあまり山と谷がはっきりしませんがラインチャートだとよくわかると思います。

特に赤丸の場所はチャートパターンで言うダブルトップになっているのですが、見方によってはローソク足チャートでは高値圏でもみ合ってるのかな?とも思ってしまいそうな場面です。

ラインチャートでははっきりと山を二つつけていることがよくわかります。

チャート分析において高値と安値はとっても大切なので、山と谷がわかりにくい場合はラインチャートに切り替えてみる方法も有効ですよ。

コメント