ローソク足の形による分類9個・代表的な形

ローソク足

前回ローソク足について概要に触れましたが、ローソク足は実体とヒゲの長さによって大きく9つの種類に分類できます。

ローソク足の見方については以下を参照ください。

 

「実体部分が長いか短いか」

「実体部分が陽線か陰線か」

「実体部分から伸びたヒゲの長さ」

を元に一覧にしてみました。

 

代表的なローソク足の形9個

ローソク足 呼び名 値動き
小陽線 少し上昇した
小陰線 少し下落した
大陽線 大きく上昇した
大陰線 大きく下落した
上影陽線 大きく上昇したが、途中で下落し始値よりやや高く終わった
上影陰線 大きく上昇したが、途中で下落し始値よりやや安く終わった
下影陽線 大きく下落したが、途中で上昇し始値よりやや高く終わった
下影陰線 大きく下落したが、途中で上昇し始値よりやや安く終わった
寄引同事線 上下したが、始値と同じ価格で終わった

 

小陽線・小陰線

値動きが小幅なローソク足です。値動きは大きくなくチャートで占める割合が高いです。

大陽線・大陰線

値動きが大きいローソク足です。小陽(陰)線と大陽(陰)線の区別は明確に決まっているわけではなく、見た目で判断します。

値動きは荒いことが多いですが、一気に伸びきることもあります。

相場の流れが変わる場合があるので重要です。

上影陽線・上影陰線

上ヒゲの長いローソク足です。このローソクは上昇から下落へと値動きが反転することを示唆するので重要です。

トンカチ

上影陽線・上影陰線の中で、下ヒゲがなく上ヒゲが実体より大幅に長いものをトンカチと呼ぶこともあります。

下影陽線・下影陰線

下ヒゲが長いローソク足です。下落から上昇へと値動きが反転することを示唆するので重要です。

カラカサ

下影陽線・下影陰線の中で、上ヒゲがなく下ヒゲが実体よりも大幅に長いものをカラカサとよぶこともありあす。

寄引同時線

始値と終値が同じで、実体部分が横棒になっているローソクです。

 

 

 

コメント