ローソク足の見方〜基本編〜

ローソク足

株やFX取引未経験な方でも、チャートと聞くとローソク足を思い浮かべるでしょう。

その名の通り、蝋燭(ロウソク)に似ていることからローソク足と呼ばれています。

海外ではローソク足ではないバーチャートが使われたりもしますが、世界中ほとんどの投資家がローソク足を元に取引を行っています。

今回はローソク足を初めて見る人を対象に、名称と役割、ローソク足が私たちに教えてくれる情報を見ていきましょう。

チャート分析の基本、ローソク足の見方

ローソク足は、一定の時間に通貨の価格がどれくらい変わったのかを1本のローソクで表します。

一定の時間とは、5分足なら5分間の値動きをローソク1本で表現。日足ならば1日の値動きを1本のローソクで表現する形で、期間を区切ってローソクが作られます。

時間の経過とともにローソク足が作られ、連続して描かれた結果がチャートという形で表現されます。

ローソク1本で値動きと勢いがわかる

ローソク足は、ある期間における高値・安値・始値・終値を1本のローソクの形で表したものです。

つまり時間の経過と共に作られていった連続するローソクから、一目で相場の流れがわかるようになっているのです。

また、出来上がるローソク足の形やサイズもまちまちであり、相場の勢いがローソクの大きさとして表現されます。

ローソク足チャートは多くの人たちが見ているということ、値動きの流れがパッと見ただけでわかるため、FX取引の基本中の基本にして最も重要な要素です。

株やFX取引を全くやったことのない初心者は、まずこのローソクの見方と持つ意味を抑えておきましょう。

ローソク足の実体と陽線・陰線

始値よりも終値が高くなった場合は陽線となり、始値より終値が安くなった場合は陰線となります。

そしてある期間中の始値と終値を囲ったローソク部分を実体と呼び、この期間中の高値と安値は上下に伸びる線(ヒゲ)で表されます。

陽線と陰線は一般的にローソクの実体部分に色を塗って表現されます。

チャートの表示設定によりますが、陽線だと赤。陰線だと青で表示されてることが多いですね。

ローソク足の見方、始値・終値・高値・安値・ヒゲ

ローソク足には陽線と陰線の2種類があることはわかりました。そして、このローソク1本で以下4つの価格を表現します。

「始値」「終値」「高値」「安値」

いろんな形のローソクが作られますが、見方は同じです。

・始値(はじめね)

その日(月・週・時間など)の始めについた価格。

陽線となるか陰線となるかの分岐点であり、ローソク足が作られる最初の部分です。

・終値(おわりね)

その日(月・週・時間など)の最後についた価格。ここでローソク足が1本完成します。

・高値(たかね)

その日(月・週・時間など)の中で最も高い値段をつけた価格。ローソク足の上ヒゲ頂点です。

・安値(やすね)

その日(月・週・時間など)の中で最も安い値段をつけた価格。ローソク足の下ヒゲ底の部分になります。

・ヒゲ

その日(月・週・時間など)の中での高値と安値の上下のブレ。

期間中の高値と安値の価格変動は、ローソクの実体から上下に伸びた「ヒゲ」で表現します。

ローソク足の実体部分もそうですが、ヒゲの重要なところは相場の勢いが現れているところ。

例えば長い下ヒゲは大きく売り込まれた後に、買い戻されて価格が戻ったという事実です。これは、ローソク足から買いの勢いが強いと読み取ることができます。

ローソク足の活用方法

ローソク足が持つ意味を覚えることができたら次へ進みましょう。ローソク足が示すサインや活用方法についてです。

始めはアテにならないと感じるかもしれません。私も始めはローソク足そのものをしっかりと見るということはできていませんでした。

ローソク足の重要性を本当の意味で理解していないし、始めた頃は軽視しがちなものですからね。

ただ、ゆっくりでいいかと思います。ローソクの形を意識してチャートをながめてみましょう。チャートの見方や、分析結果がかわってくるかと思います。

ローソク足のサイン

ローソク足は値動きの結果を表すだけでなく、これからの相場の予測を立てるに重要な上昇と下落のサインとしても見ることができます。

上昇サインを表すローソク足

誰もが上昇相場の初動から買っていきたいものです。そんな上昇相場へ向かうことを示すローソク足がいくつかあります。

長い下ヒゲ

とても長い下ヒゲを出したローソク足は、これから上昇へ向かうと判断できる材料のひとつです。

これは始めに大きく売られたけれど、結局は買われたということをローソク足が示しています。つまり、買い方の勢いが強く出ているという事実があるため、買われやすい流れが出来上がっている状況です。

上の画像では陰線ですが、陽線ならばさらに強いといえます。そして下ヒゲの長さは、過去のローソク足と同等以上に長いものになっていますね。

ヒゲの長さの目安は、画像のような実体よりも3倍以上に長いもの。そしてヒゲの長さは、過去のローソク足と同等以上のものが信頼できるでしょう。

大きな陽線

とても大きな陽線は、上昇のサインと判断できます。これは始値から終値まで価格が上昇し続けた結果、大きな陽線となったもので大陽線とも呼ばれます。

特に上ヒゲのない大陽線は、売り戻されることなく買われたということなので強い上昇サインとなります。

画像のように目立つ大陽線が立つと、上昇へ向かうサインとなります。上昇途中に同じような大陽線がありますが、動きがなかったレンジ相場から大陽線が立ったという部分に意味があります。

これは上下どちらに進むか迷っている相場が、上方向へ向かうよと方向が決まった瞬間でもあります。ですので、しっかりとした上昇となりやすいのです。

対して上昇トレンド確定後の大陽線は、すでに方向が決まったため買われやすくなった結果できあがったものであることがあり、大陽線にもかかわらず急落してしまう事態もあるため慎重にならなければなりません。

初心者だと、飛びつきやすくなる危険な場面だといえます。

下落サインを表すローソク足

相場が下落する場合も、同様の考え方が成り立ちます。

基本的に上昇の場合と逆となりますので、どういった理由で下げてしまうのか想像してみて下さい。

長い上ヒゲ

上ヒゲが異常なほど長く、実体部分も陰線となったローソク足です。売り圧力が非常に強そうですね。

大きな陰線

ほとんどヒゲがありません。一度も高値をつけることなく一方的に売り込まれた形のローソク足です。直近の安値もしっかりと下抜いた、典型的な売りサインです。

おわりに

チャートはローソク足の集まりから出来上がっているため、ローソク足の見方はチャート分析の基本となります。

今回はローソク足の基本編ということですので、ローソク足のサインについては別記事にしたいと考えていますが、他にもトレンド転換を表すローソクがあったりと多種多様です。

まずはローソク足が持つ「始値」「終値」「高値」「安値」「ヒゲ」という基本をみにつけて、一歩ずつ進んでいきましょう。

その後から、ローソク足のサインやテクニカル分析という知識が活きてきます。

コメント