天井・底値のチャートパターン。ダブルトップ・ダブルボトム

 

これからエントリーしようとする場合、どのタイミングで仕掛けるべきか。

相場が上昇しているので買っていこうと思うものの、今買ってもいいのか?それとももう上昇は終わってしまうのではないか?また、利益が出ているのならば決済すべきか?まだ伸ばすべきか?

とにかく悩みが尽きないもので、天井と底がわかっていれば!と誰もが思います。

「相場が反転するタイミング」がわからないために起こる問題ですね。

ここでお伝えする内容は、チャートが作る形から相場の反転の兆しを見抜く方法です。

100%確実にココが天井、今が底。と、言い当てることは誰にもできませんが、ある程度予測することはできます。

高精度なエントリーの実践、そして安心してトレードするためにもしっかりと押さえておきましょう。

チャートパターンとは

相場にはレートが天井や底をつけるとき、レートの動きが特定のパターンを作ることがあります。

これがチャートパターンと呼ばれるものです。そして、「天底で出やすい=トレンドの終了時に出やすい」ということですので明確な手仕舞い基準にすることができます。

また、トレンドが終わるのかもしれないのですから、飛びつきや深追いもせずに済むでしょう。

次の新しいトレンドが発生するまで待てばよいのです。

それでは具体的にチャートパターンをみていきましょう。

 

天井圏で出るチャートパターン

ダブルトップ – 上昇トレンド終了のサイン

ダブルトップは上昇トレンドの天井圏で見られるチャートパターンです。上昇トレンドの終了を示唆し、相場はいったん下落に転じやすくなります。

ダブルトップの形は名前の通り山を二つ作るようなチャートパターンで、三つに分類できます。

上図は全てダブルトップとなります。高値をつける位置によって形が異なりますが、山を二つ作ってネックラインを下へブレイクしていくことでダブルトップの完成です。

上昇トレンドの終了タイミングは、ネックラインを下へブレイクしたときとなります。

 

ただし、完全にネックラインをローソク足が下抜けて確定するまではダブルトップ完成ではありませんので注意します。

ローソク足確定前では、長い下ヒゲをつけて再上昇ということも普通にあるため注意深く観察します。もちろんこの場合はダブルトップにはならなかったということです。

チャート上では比較的多く現れるチャートパターンですのでみつけてみてください。

 

 

底値圏で出るチャートパターン

底値圏で出るチャートパターンは天井圏で出るチャートパターンと真逆になります。

ダブルボトム – 下落トレンド終了のサイン

ダブルボトムはダブルトップとは逆のチャートパターンです。下落トレンドの底値圏で現れ、下落トレンド終了のサインとなります。

こちらは谷を二つ作り、谷となる安値の位置により三つの種類にわけられます。

考え方はダブルトップ同様、安値となる谷を二つ作りネックラインを上にブレイクしてきたらダブルボトムの完成です。

このとき、下落トレンドは終了したと判断できます。

 

 

ネックラインのブレイク=トレンド終了

天井圏と底値圏で現れるチャートパターンについてみてきました。

形や上昇下落の勢いに違いがあれど、すべてのパターンに共通する完成条件がありますね。

それはネックラインをブレイクするということです。

ネックラインをブレイクしたら

  • チャートパターンが完成する
  • 上昇トレンド・下落トレンドが終了する

 

ネックラインは重要ですが、残念ながら実際のチャートはきれいな形をしていません。

チャートパターンが見つかってもネックラインはどれだ?ということが大半です。図に示してきたようにきれいには引けないためラインを引いたとしても慣れるまで自信がもてないものです。

ところで、ネックラインは直近の高値・安値であることにお気づきでしょうか。

高値安値なら判断できそうです。そこにバシッとラインを引いてみましょう。検証を重ねるうちに感覚でわかってきますよ。

安値と高値についてはダウ理論の記事でも用意しようかと思いますので省きますが、ネックラインのブレイクは高値・安値のブレイクでもあるためトレンドが終了したと判断できるわけです。

 

トレンド転換したと決め付けるのは危険

チャートパターンが完成し、ネックラインもブレイクした。よってトレンドが終了したと考えるのはよいと思います。

しかしこれから相場が反転していくんだと考えるのは非常に危険です。

トレンドは確かに終了したと言えますが、トレンド転換したとは言えないからです。

つまり、上昇トレンド終了後に新たな上昇トレンドが発生するということが起こり得るということです。もしかしたらレンジ相場で動いていくかもしれません。

トレンド終了とトレンド転換は別物です。

トレンド終了後の動きは難しいことが多いため無理はせず、新しくトレンドの発生を確認できたら勝負するのがベストでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)