中持合いのチャートパターン・ペナント・トライアングル

チャートパターン

今回はレンジ相場の中でみられるペナントについてみていきます。

ペナントは呼び名が色々とありますが、総称して「三角持合い」と呼ばれることが多いです。名前の通り三角形のチャートパターンを作ります。

ダブルボトムやダブルトップはトレンド転換のチャートパターンでした。

一方でペナントはトレンド相場の途中でよく見られる形であり、中持合いのチャートパターンになります。

形により細かく分類できるのですが、基本的な形と考え方を理解していきましょう。

レートの動きが収束するチャートパターン

トレンド相場でトレンドラインを引くと、上下のラインが平行になってレートが動いていきましたね。レンジ相場でも上下並行にラインが引けて、その中をレートが動いていきました。

しかし上下のラインが平行にならず、時間と共に徐々に収束していき三角形になることもあります。

 

上図がペナントのチャートパターンですが、基本的には上下どちらにブレイクするのかわかりません。

しかし相場の流れとペナントの形を分析すれば、高い確率で決まった方向へブレイクしていくため勝率の高いトレードができるようになります。

トレードに活用するには「抜けた方向へついていく」ことが基本です。

ペナントの特徴

高値切下げ・安値切り上げして時間と共に値幅が狭くなっていくのが基本的なペナントですが、上下どちらへブレイクしていくのかはペナントだけでは判断できません。

基本的には三角形を抜けた方向へついていくのですが、トレンドラインのブレイクだけでは戻ってくることもあるため、もう少し判断材料が欲しいところです。

ですので、トレンドラインブレイク後のローソク足の確定や直近の高値安値のブレイクを見届けてからのエントリーが安全となります。

リスク覚悟でペナントの中からエントリーするのは、相場の分析力が相当必要だと感じます。

通常のレンジ相場でもいえることですが、ペナントの上抜け・下抜け両方のシナリオを持って相場に臨むのがよいでしょう。

持ち合いのチャートパターンというだけのことはあって、ブレイクした後は一方向へ大きく動き出すことが多いです。

また、時間経過と共に形が先細りとなるのが見てとれるため、そろそろ動きがでるだろうと予測してタイミングを取ることができるのもペナントの特徴ですね。

トライアングルのチャートパターン

こちらも三角持合いのチャートパターンで、ペナントとよく似ています。

ペナントは上下のトレンドラインで作られた三角形でしたが、「レジスタンスライン+トレンドライン」や「サポートライン+トレンドライン」でも三角形ができますよね。

こちらは「アセンディングトライアングル」・「ディセンディングトライアングル」と呼ばれます。

ペナントとの違いは二本のラインのうち一本が、レジスタンスラインかサポートラインになって三角形を作っている点です。

アセンディングトライアングルでは安値がジリジリと切上げるのですが高値の更新ができない。

ディセンディングトライアングルでは高値をジリジリと切り下げるのですが安値は更新しない。

そんな値動きで作られる三角形のチャートパターンです。

こちらも上昇も下落も考えられるのですが、トレンドラインの切り上げ(切下げ)圧力が高いことから、水平線がブレイクされることが多い傾向があります。

つまり、アセンディングトライアングルは上方向へ、ディセンディングトライアングルでは下方向へブレイクしやすいことになります。

 

コメント