『ウェッジ』は天井・底値圏のチャートパターン。ウェッジ抜けはトレンド転換初動を狙える大チャンス

天井圏・底値圏のチャートパターンには、三尊やダブルトップがありました。

ウェッジもその一つで、トレンド転換に繋がるチャートパターンです。三尊ほどではありませんが、ウェッジも完成すると大きくレートが動くため積極的に狙いたいところです。

ウェッジのチャートパターン

ウェッジの形は上図のようになります。

よくゴルフクラブのウェッジやクサビの形に似ていると表現されるように、どんどん先細りになるようなチャートパターンです。

上昇ウェッジと下降ウェッジの2種類がありますが、特徴は上値ラインも下値ラインも切り上げ・切り下げる形でトレンドが継続しているということです。

突然トレンドが崩れるトレンド転換のチャートパターン

ウェッジ形成中はトレンドをつけて進むのですが、崩れると反転が早いのもウェッジの特徴です。

上昇ウェッジを例にしますと、上昇幅がどんどん小さくなっていくので先行きが怪しいのですがアップトレンドに違いありません。しっかりと安値と高値を切り上げながら進んでいきます。

トレンド継続の中持合いのチャートパターンをイメージしてしまいそうですが、ウェッジはトレンド転換のチャートパターンに分類されています。

伸び代がなくもう限界、それでも踏ん張るというのがウェッジです。ですので実際のチャートだとウェッジの上限を一瞬だけ大きく貫く動きも結構な頻度でありますし(結局ヒゲだけつける)、図ほどきれいな形はしていないので判別に迷うかもしれません。

結果的に力尽きることになるため、その後の下落は大きなものになります。長い長いジリジリ上げから、あっさりストンと落ちるような感じです。直近安値(高値)2、3本抜きなんてことも。

ウェッジはヘッド&ショルダー同様に押し戻りはないことが多い

ウェッジ抜けからの動きは勢いがつくため、押し戻りを待っても手遅れというケースがほとんどです。抜けを確認してエントリータイミングを取っている間に、もう乗ることはできないところまで進んでいるものです。

ここが同じトレンド転換タイプのダブルトップやダブルボトムとの大きな違いですね。

ダブルトップなどはネックラインからの押し戻しからのエントリーが基本ですが、ウェッジの場合はなかなか難しい印象です。

ウェッジの理想的なエントリーは押し戻り待ち

安全策を優先するならば、やはり上図のようにラインへの戻りを待つこと。同時に安値の切り下げもしっかり確認しておきましょう。

そして4時間などの長い時間足では戻しがないようにみえても、1時間足だと小さく戻しをつけていることが発見できたりもします。

「理想的な」としたのはウェッジの場合、上記のような形になることは少ないからです。

少し飛び乗り推奨のようになってしまいましたが、ウェッジのクセから戦略的に素早く仕掛けたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)