ヘッドアンドショルダーとは?

ヘッドアンドショルダーは、天井圏・底値圏のチャートパターンです。三尊(底で現れるものは逆三尊)とも呼ばれ、ダブルトップやダブルボトムと同様に天底で現れますが、その違いはトレンドを崩す勢いにあり最も強力な形となります。

ダブルトップであると戻りを待って売りを狙うという戦略が比較的やりやすいのに対し、ヘッドアンドショルダーでは目立つ押し戻りがなく、一気に急落を起こします。

そのため途中参加が難しく、異常な程の下落という印象を抱かせるような一方的な動きをみせることが特徴です。

チャートパターンの中では一番利益を伸ばせる形となるのが、このヘッドアンドショルダーとなりますのでしっかりと覚えておきましょう。

ヘッドアンドショルダーはトレンド終了を表すチャートパターン

ヘッドアンドショルダーの形は上の図のようになります。3つ山が並んだ形で中央がトップをつけるような特徴的な形をしています。

中央に最高値をつけた場所を「ヘッド」、両脇の高値を「ショルダー」として見えることから「ヘッドアンドショルダー」と呼ばれるチャートパターンです。

ヘッドアンドショルダーの戦略

ヘッドアンドショルダー形成途中は、アップトレンドが継続中ということもありまだ上目線で相場を見る向きが大半の状態です。

上の図では最高値をつけた押しが、押し安値付近まで深く入った点が気になりますがアップトレンドに違いありません。

するどい相場参加者は、アップトレンドのリズムが崩れてきていることを感じ、この段階で押し安値ラインは「ネックライン」と意識し始める向きもでてくるでしょう。

現状では目線を下へ切り替えるのは早すぎではありますが、雲行きが怪しいという感覚は感じて欲しい状況下です。

高値を切り下げそうとヘッドアンドショルダーとして意識し始めるのは、この辺りからです。しかし、押し安値を下抜けしていない以上は決め付けてはいけません。

こんな状況下であっても、上方向へ伸びていく可能性のほうがずっと高いということを意識しておきましょう。上方向だけれども、ヘッドアンドショルダーになるかもしれないという感覚です。

コメント