クロス円とドルストレートって何?

FXの基礎

 

FXの取引を始めるとまず驚くのが通貨ペアの多さだと思います。

知らない国の通貨もちらほら。

私も取引し始めたころはドル円やユーロ円は知っていましたが、ユーロドルなんて通貨ペアもあるんだなって感じでした。

今回はそんな通貨ペアのお話です。知らなくても取引に直接差し支えはありませんが、値動きのクセやチャート分析に活かせる部分も多いので押さえておきましょう。

クロス円とドルストレート

FXで取引できる通貨ペアは、「クロス円」と「ドルストレート」に分けられます。

ニュースにもクロス円、ドルストレートの単語がでてくるため、クロス円とはどういった通貨を指すのかぐらいは知っておくと便利ですね。

クロス円

「ユーロ/円」「豪ドル/円」「ポンド/円」など、米ドルが絡んでいない通貨ペアを指します。

クロス円とは文字通り円絡みの通貨ペアとなり、「○○/円」と呼ばれるものがクロス円となります。

例外が「ドル/円」ですね。この通貨ペアは米ドルが絡んでいるためクロス円ではなく、ドルストレートに分類されます。

ドルストレート

「ユーロ/ドル」「豪ドル/ドル」「ポンド/ドル」など、米ドルが絡んだ通貨ペアを指します。

「○○ドル」と呼ばれる通貨ペアがドルストレートとなります。

クロス円とドルストレートの違い

本などを読むと「レートは2国間の力関係で動く」と書かれています。

これは全くその通りなのですが、実はクロス円に関しては3カ国の力関係になっています。ここがクロス円とドルストレートの決定的な違いですね。

ドルストレートは純粋に2通貨間の力関係で決まる

例えば、ドルストレートのユーロドルを考えて見ます。

米国の経済指標で好調さを示す発表があったとき、市場はドル買いで反応する傾向が強まります。

そうなるとドル高ユーロ安という流れができ、ユーロドル相場は下落していきます。

逆に米国経済の低調さが表面化した場合、ドルが売られます。

このときはドル安ユーロ高となり、ユーロドル相場が上昇します。

このように、ストレート通貨は2国間の力関係で相場の方向が決定するため値動きが比較的素直です。

ユーロが売られる要素がないのにユーロドルが下落しているならば、ドル買いが起こっているではないか疑ってみるとよいでしょう。

何も悪いニュースが出たときだけ、相場が下落するというわけではありません。

一方の通貨が買われると、相対的にもう一方の通貨は売られます。

クロス円は3通貨間の力関係で決まる

クロス円である「ユーロ/円」で考えて見ます。

まず、ユーロ円という通貨ペアのチャートがどのように作られているか確認しておきましょう。

クロス円は直接売買できない

為替相場は、基軸通貨である米ドルを中心に動いているため、どの国の通貨でも米ドルを直接買うことができます。

しかし、米ドル以外の通貨は、他の国の通貨と直接売買することができません。

チャート上では何も意識せず売買できてしまうユーロ円ですが、ユーロと日本円を直接交換しているわけではありません。取引の間に米ドルが絡んでいます。

ユーロ円を買おうとする裏では、

ドル円のレートを使って「日本円→米ドル」に両替

その後、ユーロドルのレートを使って「米ドル→ユーロ」

という手順を実際は踏んでおり、瞬時に行われています。

つまりユーロ円というチャートは、ドル円とユーロドル2つのレートから出来上がっているということです。

他のクロス円についても同様です。間にドル円という通貨が絡んでくるため3カ国間の力関係で決定することになります。

このため、クロス円は少しややこしい(笑)

経験者ほどクロス円よりもドルストレートの取引を勧めることがあるのは、上記のような理由があるからでしょうね。

クロス円のレート計算方法

ドルストレートは1対1で交換できるため計算は必要ないのですが、クロス円は米ドルを介するためレート計算が必要になります。

例として、日本円でユーロを買う場合のレート計算は以下のようになります。

 

ドル/円(USD/JPY)×ユーロ/ドル(EUR/USD)=ユーロ/円(EUR/JPY)

 

この式でわかる通り、ユーロ円はドル円とユーロドルのレートで決定します。

プライスボードを見てみると、現在のレートは以下の価格になっていました。ユーロ円のレートがすでにわかっていますが計算式を使って計算してみます。

ドル円:111.258

ユーロドル:1.15656

ユーロ円:128.687

ドル円とユーロドルのレートを計算式に当てはめると

111.258×1.15656≒128.677

となりました。計算上のユーロ円は128.677円です。

若干プライスボードの価格と異なりますが、FX業者のスプレッドがあるためです。

クロス円の取引はドル円のチャートも重要になる

クロス円のレート決定にドル円のレートが関係するということは、取引している通貨のドルストレートとドル円のチャートも重要になってくるということです。

ユーロ円の取引をしているのに、ユーロドルとドル円のチャートも監視しなきゃいけないのかって言いたくなります。

個人的には、3つのチャートの常時監視は必要ないと考えています。難しく考えるほうがよい判断ができません。

慣れるまでは、それぞれのチャートの節目や、もみ合ってるかどうかの相場状態の把握ができれば十分です。

それでは、通貨の力関係により相場はどんな動きをするのか見ていきましょう。

ユーロ>ドル>円の力関係の場合

ユーロドルチャートが上昇し、ドル円のチャートも上昇している場面です。

このとき、ユーロ円も上昇しますが、ユーロが米ドルと円よりも強く、ユーロ円が一番大きく上昇している様子になります。

ユーロ>円>ドルの場合

ユーロが米ドルよりも強く、ユーロドル上昇。

米ドルは円よりも弱く、ドル円下落。

ユーロは円よりも強いためユーロ円は上昇。

といいたところですが向性がわかりません。ここでは円よりもユーロが強いため上昇傾向ではありますが、ドル円の下落に足を引っ張られもみ合いになってしまうことがほとんどです。

クロス円の計算式からも、一方の数値が大きくなっても、もう一方が小さくなれば結果はあまりかわらないことがわかります。

とはいえ、ユーロドルの上昇がドル円の下落を上回るような強さがあれば、ユーロ円は上昇しますし。逆に下回れば下落していきます。

以上のようにユーロ円のようなクロス円は、ドル円のチャートにも影響を受けます。

それに加え、日本円・米ドル・ユーロそれぞれの通貨がどの程度強いか弱いかといったことも考える必要があることがクロス円の難しいところです。

まとめ

  • 「○○/円」のように、米ドルが絡まない通貨ペアがクロス円
  • 「○○/ドル」のように、米ドルが絡む通貨ペアがドルストレート
  • ドル/円はドルストレートに分類される
  • ドルストレートは通貨ペア2国間の力関係で決定する
  • クロス円は通貨ペア2国間の力関係に加え、米ドルも絡んでくる

コメント