初心者向けダウ理論の全体像と使いこなすことのメリット

ダウ理論

相場には二つの状態しかなく、「トレンド相場」と「レンジ相場」のどちらで動いているのか判断することがチャート分析の第一歩ということでした。

関連記事 「トレンド相場」「レンジ相場」を見極める

すでに出来上がっている過去のチャートであれば、簡単に区別がついたと思います。

では今現在、リアルタイムに動いている相場ではどうでしょう?

今トレンド相場ですか?

今レンジ相場ですか?

自信を持って断言することが難しいかと思います。ダウ理論はそんな迷いを消し去り、目線を固定化させることができる相場分析の根本となる考え方です。

よってダウ理論を知らない状態では、移動平均線のような他の分析ツールをどんなに駆使しても成果は上がりません。

今回はダウ理論の考え方を相場に当てはめることで、何がわかるようになるのか。そのメリットを紹介していきたいと思います。

ダウ理論を使うことでわかるようになること

ダウ理論を相場に当てはめることで、どのようなメリットがあるのかは気になるところですね。

具体的には、以下のことがわかるようになります。

  • 「レンジ」と「トレンド」相場の判別ができる
  • トレンド転換のサイン(トレンドが崩れたこと)がわかる
  • トレンド転換したことがわかる
  • 「今は上目線」「今は下目線」と、目線が固定化できる
  • 損切りの位置が確定する
  • 相場において重要な「高値」「安値」を、しっかりと意識したトレードになる

まさに、これから相場が進んでいく答えがわかると言っているような理論ですが、デタラメではありません。

さらにもう少し深堀すると

  • トレンドラインが機能する理由
  • チャートパターンが機能する理由
  • 相場参加者の心理

なんてものも理解できるようになってきます。

だからこそ「ダウ理論」が相場分析する上での基本となる考え方であって、移動平均線やトレンドラインよりもずっと大切なものです。

何故かFXの本ではサラッと流されていることが多いので軽視しがちですが、とっても役に立つ考え方です。

ダウ理論の概要がわかったところでおさらい

ダウ理論を使う前に、相場の種類のおさらいをしておきましょう。

トレンド相場の特徴

トレンド相場は一方向へ進む波です。ハッキリとした方向を指すのが特徴ですね。

そしてトレンド相場には、「アップトレンド」と「ダウントレンド」の2つがあるのでした。

アップトレンド(上昇トレンド)

「アップトレンド」は上昇相場であり、上方向を目指して進みます。

ダウントレンド(下降トレンド)

「ダウントレンド」は下落相場であり、下方向を目指して進む形でした。

トレンド相場にはこの二つしかないことを頭に叩き込んでおき、「アップトレンド」では上目線、「ダウントレンド」では下目線で構えておくことが基本です。

間違っても「上げ続けているから、そろそろ下げるだろう。」「いい加減下げ止まっただろう。」という考えで判断するのはナシです。

ダウ理論を知らないとトレンド相場で判断に迷う

引き続き、トレンド相場を例にしましょう。

上方向へ進んでいますね。ですのでアップトレンドですが、何を基準にアップトレンドであると判断すればよいのでしょう?この図の終盤は横ばいで動いているようですがまだアップトレンドなのでしょうか?

下落している箇所もあり「ダウントレンド?」と思いたくなるところもあります。

実際の相場はこういった形ばかりなので、アップトレンドだけどやっぱり下方向なのかな?と判断がブレることに繋がります。

目線を固定するためにダウ理論が必要になる

判断のブレや迷いを取り除くには、「今は上目線・下目線である」と完全に二つに一つに決定付ける明確な理由をもてば払拭できます。

それを可能にするのが「ダウ理論」の考え方の一つでしたね。

ダウ理論を使えば、今はアップトレンドなのか?ダウントレンドなのか?の判断が明確になります。

さらに、アップトレンドやダウントレンド中での一時的な上げ下げに対して、今はまだ上目線・下目線だと自信を持って判断することが可能になります。

理論なんて名がついていますが全然難しくありません。逆に簡単すぎて初心者の頃だと「ふ~ん」と流してしまうぐらいのレベルです。

結果、ダウ理論の重要性に気づけないことが多く、苦労する理由になっていると思います。

初心者はダウ理論から覚えることをオススメします

初心者のころは移動平均やボリンジャーバンドのような、テクニカル的なものに意識が向かいますよね。特に売買サインを出すツールは好物かもしれません。

相場の動く方向なんて、予想のしようがないと感じるからかもしれません。

でも相場とはダウ通りに動いているという、実際にはシンプルなものです。

今回はダウ理論で解決できることについての紹介でしたが、なんとなくでも重要性がわかっていただけたらと思います。

最後に、ダウ理論の全体像を見てみましょう。長いですが、大切な部分は多くありません。

ダウ理論の全体像

アメリカの証券アナリストであったチャールズ・ダウ氏が提唱した、市場での値動きを評価するための理論です。

引用:ウィキペディアより

ダウ理論は、以下の6つの基本法則から構成されている。

(1)平均はすべての事象を織り込む

政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。

市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えであり、その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言える。

(2)トレンドには3種類ある

ダウ理論では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。そのトレンドを以下の3つに分類している。

  1. 主要トレンド:1年~数年のサイクル。
  2. 二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。
  3. 小トレンド :3週間未満のサイクル。

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

(3)主要トレンドは3段階からなる

また、主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとしている。

  1. 先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる”底値買い”をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。
  2. 追随期 :市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。
  3. 利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

(4)平均は相互に確認されなければならない

複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないなら明らかにトレンドとして捉えることは出来ないと考える。

もっともシグナルが同時期に出現する必要はないものの、直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、且つ可能な限り同時期に近ければ確定的としている。

ダウが活躍した時代のアメリカでは、工業生産が盛んになると共に製品を輸送するための鉄道が整備された時期であった。

工業生産の好調・不振は即座に鉄道業の経営に影響したことから、ダウが創刊した『ウォールストリート・ジャーナル』ではダウ・ジョーンズ工業平均株価と運輸株平均をチャート形式で掲載している。

(5)トレンドは出来高でも確認されなければならない

市場の終値の変動をダウは重視するが、同様にトレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視する。

例えば上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し値下がり時には出来高が減少、下降局面においては逆になる。

主要トレンドに従って取引する投資家が多数派であり、二次トレンドや小トレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であると考え、それが出来高の多少に反映するとする。

(6)トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとする。

トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。

全部で6つの法則となっていますが全てを理解し、使いこなす必要もありません。必要な考え方だけをトレードに取り入れていくだけで十分です。

そして、上記の文章を読んでもイマイチわからないはずなので、次回から要約しながら進めていきたいと思います。

おわりに

以下がダウ理論の6つの法則です。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

これを簡単に表現すると、冒頭で紹介した通り以下のことが分かるようになります。

  • 「レンジ」と「トレンド」相場の判別ができる
  • トレンド転換のサイン(トレンドが崩れたこと)がわかる
  • トレンド転換したことがわかる
  • 「今は上目線」「今は下目線」と、目線が固定化できる
  • 損切りの位置が確定する
  • 相場において重要な「高値」「安値」を、しっかりと意識したトレードになる

相場というものは買うべきか、売るべきか迷うことばかりです。そんな迷いを払拭する考え方の一つがダウ理論ということですね。

次回はダウ理論に基づいたトレンドの定義について学んでいきましょう。

関連記事 トレンドの定義!ダウ理論におけるトレンドとは?

コメント