トレンドの定義!ダウ理論におけるトレンドとは?

ダウ理論

トレンド相場の判断と、目線を固定化するためにはどうすればよいか?

それにはダウ理論を学べば解決するということで、ダウ理論の全体像やメリットについて紹介しました。ダウ理論が何なのかわからない場合は以下の記事が参考になるかと思います。

参考 初心者向けダウ理論の全体像と使いこなすことのメリット

おさらいですが、ダウ理論は以下の6つの法則です。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

しかし、すべての法則を理解する必要はなく、FXで一番重要になるのは6番の「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」という法則でしょう。

一度「上昇」や「下降」というトレンドが始まったら、それを反転させるようななはっきりとするサインが出ない限りは、相場は「上昇」もしくは「下降」を続ける。

ということであり、FXでのダウ理論はこの考え方が重要となってきます。

以上のことを知っていれば、「下がりすぎているから買おう」や「そろそろ上がるはず」という考えは、まず出てきません。

ダウ理論的には、「明確な転換シグナルが発生するまでは上がらない」からです。

明確な転換シグナルって何ですか?となるのですが、その前にトレンドというものについて確認をしておく必要があります。

「トレンド」とは何か言葉ではっきりと説明できるでしょうか?ここが曖昧だとチャートでトレンドを見つけようと思っても、迷って混乱します。

ということで、今回はダウ理論を使ったトレンドとは何か?トレンドの定義についてみていきたいと思います。

ダウ理論によるトレンドの定義

まず、アップトレンドとダウントレンドの定義を押さえておきましょう。

アップトレンドの定義

高値と安値が前の高値・安値よりも連続して切り上がっている限り、アップトレンド。

図のように高値の上に次の高値を作る。安値の上に安値を作る。高値切り上げ、安値切り上げの形です。

ダウ理論ではこの形が続く限り「アップトレンド」です。

ダウントレンドの定義

高値と安値が前の高値・安値よりも連続して切り下がっている限り、ダウントレンド。

図のように高値の下に次の高値を作り、安値の下に次の安値を作ります。高値切り下げ、安値切り下げの形です。

ダウ理論ではこの形が続く限りダウントレンドです。

以上がトレンドの定義です。

この考え方は、実際に相場でトレードしていく中で非常に重要な判断材料となります。必ず確実にしっかりと理解して身につけてください。

トレンドの説明は、聞くと簡単だけれど判断するには難しい

トレンドとは、どういった状態のことを指すのかは理解いただけたと思います。そして簡単な考え方だと思われたことでしょう。

難しいのは実際の相場で、どのようにトレンドを見るかということになります。現実の相場は、図で書くような整った形では動いてくれません。

実際のチャートでトレンドを見る

以下はポンドドルのチャートです。

比較的きれいに動いているチャートですね。もちろんダウントレンドです。しかし、実際にトレードしていると迷うことばかりです。

迷いそうだよねと思われる箇所を書き込んでみました。

大きな視点で見ると「下落 ー もみ合い ー 下落」というトレンドです。(2)のローソク足は、確定前だと大きな大陽線となっているため、揺さぶられるのではないでしょうか。

一方で小さく見ると、(1)のような小さな連続したトレンドであったり、(3)にいたっては上方向へトレンドがでてしまっています。

このせいで上と下、どちらへ進んでいくのか混乱します。

またレンジの中で売りを仕掛けた場合、なかなか下方向へ動いてくれず、むしろ大きく逆行されている状態になります。

以上のように、トレンドの意味は簡単だけれど判断は難しいところがあります。これを解決する方法が、自分なりのルールであったりします。

まずはチャートの画面を見たとき、一連のトレンドを大きく見るか・小さく見るかで見え方が大きく違ってくることを抑えておきましょう。

自分に合ったチャートの見方をすること

トレンドには大きなトレンドと、小さなトレンドがあります。相場の大前提として以下のことが挙げられるかと思います。

  1. 小さなトレンドは大きなトレンドに含まれている
  2. 小さなトレンドは大きなトレンドの流れに従う

ですので、自分は小さなトレンドを追うのか・大きなトレンドを追うのかを明確にしておくのが良いかと思います。

小さなトレンドを追うのであれば、小さなトレンドのスケールで

  • 利食いは欲張らない
  • 大きなトレンドの転換点では手を出さない、または手仕舞う

大きなトレンドを追うのであれば、小さなトレンドは無視する

  • 相場が逆行してきたとしても動じないこと

わかりにくくなってしまいましたが、例えばデイトレ目線なのかスインガー目線のトレードなのかの違いです。

トレンドの最小単位

アップトレンドとダウントレンドの定義を覚えたので、単発のトレンドはもうおわかりだろうと思います。

上の図のように直近の高値を突破してきたらトレンド1つが完成です。

N字の完成=トレンド1つ

と言いえます。

2つの高値と2つの安値が必要で、共に切り上がっていることがトレンドの条件に変わりありません。

気をつけなければならないのは、上の図は「トレンドが1つできた」ということであってアップトレンドではありませんし、今からアップトレンドになるわけでもありません。

アップトレンドは高値安値の切り上げが連続して発生したものでした。ですので最低もう1つN字の完成を確認しないといけません。

今回は上方向のトレンドを例にしましたが、下方向へのトレンドも考え方は同じです。

おわりに

  • トレンドを判断するには、直近の高値・安値と現在作っている高値・安値の関係が重要
  • ダウ理論に基づくトレンドとは、明確な転換シグナルがでるまで継続する
  • 高値と安値が前の高値・安値よりも連続して切り上がっている限り、アップトレンド
  • 高値と安値が前の高値・安値よりも連続して切り下がっている限り、ダウントレンド
  • N字の完成でトレンド1つが完成

一度トレンドが発生すると継続するわけですが、そのトレンド過程の中での上下する動きに振り回される問題があります。

アップトレンドではあるけれど、もしかして下げるのだろうか?という悩みを取り除きたいわけです。

そこで次回は、ダウ理論に基づき目線を固定する方法についてみていこうと思います。

コメント