エリオット波動を使って相場分析をするために

エリオット波動

ダウ理論と並んで有名な相場理論に『エリオット波動理論』があります。

この理論だけで相場に挑むのは難しいと思いますが、相場の性質によく当てはまっており、チャートの先を予測する上で参考になります。

今回はエリオット波動の概要を簡単にご紹介しようと思いますが、有名であるためご存知の方も多いかもしれませんね。

必ずしもエリオット通りにチャートが作られるわけではないため、アテにならないという声も多いですが、これから先の予測を立てるという部分においては知っておいて損はない考え方です。

エリオット波動を構成する上昇5波と調整3波

エリオット波動理論の中で特に重要とされている考え方が、相場の価格変動は5つの上昇波と3つの下降波で構成されるというものです。

これだけでは全くわかりませんね。以下に図を用意しました。

上記の画像のように1波~5波から構成される3つの推進波と2つの調整波である5つの上昇波、そしてA波~C波で構成される3つの下降波から成るという形が、エリオット波動の基本的な考え方になります。

すこし要約すると。

  • 1波、3波、5波が上昇トレンドの推進波
  • 2波、4波が上昇トレンドの修正波
  • A波、C波が調整局面での推進波
  • B波が調整局面での修正波

以上のように波を打ちながら相場が進んでいくことを表しており、それぞれの波が特徴を持っています。

順番に、格波が持っている特長をご紹介しましょう。

エリオット波動の上昇5波の特徴

第1波

ダウントレンドからの切り替えしの上昇となる場所となるため、ただの反発のようにしか見えない傾向があります。

相場参加者も、ダウントレンドが終了していないと見なしている人が多く、大きく伸びることが難しくすぐに失速してしまうこともよくあります。

そのため第1波と判断することが最も難しい場所となります。

底打ちした場合には力強く波動を形成することもありますが、無理に第1波と判断する必要はないかと思います。

第2波

第1波の大部分を打ち消す調整波です。第2波は深く押しが入る傾向があり、第1波の全戻しする動きも見られます。

エリオット波動のルールでは、第2波が第1波の起点を割り込むことはありません。

この条件を元に、想定している第1波が正しいものか判断します。

第2波が第1波の安値を更新するような動きですと、エリオット波動のルールに反するため第1波ではなかったということになります。

第2波ではダブルボトムのようなチャートパターンをよく作ります。

第3波

一番安定して長く伸びるポイントが第3波です。第1波の頂点をブレイクしてダウ理論的もトレンドが完成する有力な買いエントリーのポイントとなります。

エリオット波動のルールでは、第3波が上昇5波動の中で最短になることはないとされています。

そのため最低1波と同等の値幅を狙える場所となり、利食い目標も立てやすくトレードするならば第3波だけを狙うことが理想的です。

第4波

第3波の買いポジションの利食い売りや、第3波の上昇へ乗り遅れたトレーダーが参入してきたりと売買が交錯する場所です。

そのため複雑な調整となりやすく、上昇5波動の中では一番難しい場面となります。

エリオット波動のルールでは、「第4波の安値は第1波の高値よりも上となる」とされています。

第5波

ここまでくるとトレンドも終焉です。第3波ほどの力強さはないため伸び悩みます。

最後に大きく高値を更新するものの急落することもあり、深追いは禁物です。ダブルトップの左肩を作ったり、第3波から第5波にかけてダイバージェンスが発生することがよくあります。

A波

これまでの上昇トレンドに利食いが入ったり、逆張りを仕掛けるトレーダーが参入してくるポイントです。

上昇トレンドの押し目と勘違いしやすいポイントであり、判断が難しい場所です。

B波

上昇に勢いはないもののトレンドはまだ継続しているため、再び強気の心理が働きやすいポイントです。

ですが第5波の高値は更新することはできず、ダブルトップを作る結果となりやすい場所です。

C波

多くのトレーダーがトレンドの終わりを認識する場所です。ダウ理論が崩壊し、ダブルトップなどのチャートパターンを完成させていることが多い場所となるため売り注文が集中します。

損切りも巻き込んでゆき、A波、B波、C波の中では最長になりやすく壊滅的な調整となることが多いです。

おわりに

エリオット波動の概要をざっくりとご紹介しました。もちろん相場はこんなきれいには動きませんが、これに近い動きをすることも多々あります。

大切になってくるのは「自分にわかる場所だけで勝負する」ということで、わからない場所では勝負しないこと。

エリオット波動を活用しようと思うと、どうしても波のカウント方法に悩まされるわけですが、カウントするのもわかりやすい場面というのは必ずやってきます。

そうした場面から、今は第何波の中で動いているのか、これから進んでいくであろう波の形をイメージしていけるようになればエントリーや利食いのタイミングもとりやすいですね。

コメント