FXの仕組みをわかりやすく解説!FX取引の全体像を把握しよう

FXの基礎

副業や投資をしようと探していると、FXという投資対象が紹介されているケースが多いですね。

「お小遣い程度でもよいから収入がほしいな」というキッカケでFXを知る人も多いのではないでしょうか。

株式投資などと比べると、FXは取引時間に制限がなく比較的小額で始めることができるため、副業や投資の入門としては最適な投資だと言えます。

しかし

  • 何に投資するのだろう?
  • どうやって利益をだしていくのだろう?
  • リスクが大きい投資だとよく聞くけれど・・・。

いろんな疑問があると思います。

今回はそんなFXを始めたいけど詳しくは知らないという人へ、FX取引の全体像を解説します。

FXの投資対象は?

FXでは「通貨」へ投資します。つまり「お金」ということですが、お金に投資するというのはピンとこないかもしれません。

「外国為替相場」という言葉を聞いたことがあると思います。世界には米ドル・ユーロ・ポンド、様々な通貨が国ごとに存在します。そしてこれら通貨の価値は毎日変動しているのです。

通貨の価値が変動するため、100円で買った通貨が後日110円になったりするのです。この場合だと10円幅の利益ですね。

このように通貨の価格変動を利用した、外国の通貨を売買する取引です。

FXとは外国の通貨を売買する証拠金取引

略されてFXと呼ばれることが一般的ですが、FXとは英語で「Foreign eXchange」。日本語では外国為替証拠金取引といいます。

証拠金取引という単語が難しく感じさせますが、FX業者にお金を預け入れ、その証拠金を元に日本円を含む外国の通貨を売買する取引です。

投資イメージとしては、FX業者に投資資金を入金して、その資金を元手に米ドルやユーロを買ったり売ったりして利益を出していく取引です。

証拠金取引株式投資では売買した時に代金を受け渡しますが、FXでは決済時に売買で生じた損益を受け渡します。

 

新規の売買時に受渡金額は必要ないのですが、取引により損失が出た場合には口座残高の範囲内で決済ができなければなりません。

 

そのため一定額の資金をFX会社へ預けておく必要があります。この預け入れた資金が証拠金で、証拠金を使用した取引が「証拠金取引」です。

取引できる通貨は本当にたくさんあります。FXで取引対象となる通貨ペアについては、「FXで取引する対象である『通貨ペア』について学ぼう」の記事も参考にしてください。

FXで取引する対象である『通貨ペア』について学ぼう

FXは24時間取引可能

FXの大きな特徴として、24時間取引できることがあげられます。

土曜・日曜日は為替相場は動いていないため、正確には月曜日の朝〜土曜日の朝までの平日24時間が取引可能な時間です。

株式投資の場合、夕方には取引が終了してしまいます。休日は当然休場ですから、会社勤めをしていると取引する機会はありません。

そのためFXのような24時間動き続ける市場というのは、都合のつく時間、好きなときに不自由なくトレードできる環境であるということで、意外と無視できないメリットです。

為替相場の1日の流れは、「FXの各市場の特徴と時間帯による値動きの癖」の記事が参考になるかと思います。

FXの各市場の特徴と時間帯による値動きの癖

FX取引での利益と損失の仕組み

FX取引では、どうなれば利益になるのか?一番気になるところかもしれませんね。

FXでの利益の出し方は1つだけでなく、2つあります。

  • 為替差益
  • スワップポイント

主な収益は為替差益になりますが、スワップポイントをメインに取引する方も多くいます。

さっそく、利益の出し方を順番にみてみましょう。自分がやりたい方法を選べばよいかと思います。

【FXで利益を出す方法1】積極的に売買を重ねて為替差益を狙う

為替相場は24時間変動していることはお話しました。その結果

今日は米ドルが1ドル100円で買える(1米ドルを100円で交換する)ことができたのに、明日は1ドルが101円になっているかもしれません。

この為替レートの変動を売買する投資がFXです。

現在価格よりも、上がるか下がるかを予想する

ドル円 日足チャート

多くの人が想像するような儲け方、「買ったとき以上に価格が上がったら売る」という考えで間違いありません。この価格が上がった分がそのまま利益になります。

これと逆のパターンに、「売ったとき以上に価格が下がったら買い戻す」ことでも利益になりますが、別の機会に解説します。

キャピタルゲイントレードでの利益

  • 価格が安いときに買い、高くなったら売る
  • 価格が高いときに売り、安くなったら売る

そして残念ながら、ここまで説明したときと逆へ相場が動いたときが損失となります。

相場は上がっていくと思ったのに、思惑に反して下落した場合に損失が発生します。

このように、通貨の売買を繰り返し利益を重ねていくことが、FXで利益を出す手段のひとつです。

補足 通貨を売買することのFX用語に、ロングとショートという単語があります。自然と意味は身につきますが、よく使われる言葉ですので「ロングとショート、ポジションとは?」も参考にどうぞ。

【FX用語】ロングとショート、ポジションとは

FXで利益を出す方法2:金利差を利用して利益を出すスワップポイント

FXにはスワップポイントというものがあり、2国間の金利差により利益を受け取ることができます。

少しずつですが、毎日収入が得られるのが魅力的な方法です。

トレードして利益を稼ぎ出す為替差益とは逆に、トレードしなくても少しずつ利益を積み重ねていける点が大きく異なります。

この通貨の金利差によって発生する利益がスワップポイントですが、利益としては為替差益の場合と比べて小さなものになります。

どれくらいの金利を受け取れるの?

スワップポイントは、一律で何円受け取れるというものではありません。以下の条件により変わってきます。

  • 通貨ペアによりスワップ金利が異なる
  • 取引量によって受け取ることができる金額が変わる
  • 通貨ペアによっては、スワップ金利の支払いが発生する!
POINT
  • スワップ金利は、自動的に口座残高(証拠金)へ反映されます。
  • 通貨ペアによっては、スワップ金利の支払いが発生することもある点に注意。

スワップポイントについては「FXで稼ぐ方法の一つスワップポイント、仕組みと基本を解説」も参考にして下さい。

FXで稼ぐ方法の一つスワップポイント、仕組みと基本を解説

為替差益とスワップポイントに関しては「FXではどうなればお金が増えるのか?FXで利益を出す2つの方法」の記事でもまとめています。

FXではどうなればお金が増えるのか?FXで利益を出す2つの方法

FXの最大の強みはレバレッジ

株式投資などの場合、10万円の投資資金を用意したら10万円分までしか投資できません。

まとまった資金がなければ、満足のいく運用は困難だということです。

しかし、FXの場合にはレバレッジという仕組みがあるため最大で投資資金の25倍の取引を行うことができます

これは、資金が少なくても大きな取引ができるということです。

レバレッジの仕組みが少額取引を可能にする

レバレッジという仕組みのおかげで、お小遣い程度の資金でもFXを始められるようになっています。

とはいえ、イマイチそのメリットが実感できませんね。

一例として、10万円の資金を

  • レバレッジをかけずに取引した場合
  • 25倍のレバレッジをかけて取引した場合

上記2パターンで取引をした場合、どのような結果になるのかみていきましょう。

10万円の証拠金をレバレッジをかけずに取引する

10万円の証拠金で1ドル100円のとき米ドルを買うと、1,000ドル買うことができます。

100,000円(証拠金)÷100円(1ドル)=1,000ドル(取引量)

1ドル110円になって1,000ドル売った場合

1,000ドル(取引量)×110円(1ドル)=110,000円(証拠金)

となり、11万円となりました。1万円の利益が得られたことになります。

以上がレバレッジをかけない取引です。

ではレバレッジ25倍をかけて同じ取引をしてみましょう。

証拠金10万円にレバレッジ25倍をかけて取引する

25倍のレバレッジをかけるということは、単純に10万円の25倍の通貨を買うことが出来ます。

100,000円(証拠金)×25(レバレッジ)=2,500,000円

これは証拠金が10万円しかないのだけど、レバレッジをかけることにより250万円分の通貨を買うことが出来ることになります。

それではレバレッジをかけて、1ドル100円で米ドルを買いましょう。

2,500,000円(証拠金)÷100円(1ドル)=25,000ドル(取引量)

証拠金は同じ10万円なのに、レバレッジをかけると25,000ドルも買うことができます。

そして1ドルが110円のときに売ると

25,000ドル(取引量)×110円(1ドル)=2,750,000円(証拠金)

損益となる決済前との差額は

2,750,000円(決済時) – 2,500,000円(購入前)=250,000円(損益)

となり25万円の利益となります。

レバレッジをかけることにより、同じ10万円という証拠金にもかかわらず、利益が1万円から25万円に変動しました。

これは少ない証拠金でもレバレッジをかけることにより通貨をより多く買うことができるようになるということ。その結果大きく稼げることに繋がります。

注意点レバレッジを25倍にすると、同時に損失額も25倍になるということです。レバレッジは無理のない範囲で活用しましょう。

レバレッジは自由度が高い分、しっかりとコントロールしなければリスクでしかありません。以下の記事も参考に理解を深めてください。

FX最大の特徴レバレッジを解説。あなたはレバレッジ何倍の取引をしているか把握していますか?

終わりに

FXの概要をざっくりと紹介しました。全体像はつかめたのではないでしょうか。もう一度まとめておきます。

  • FXとは外国の通貨に投資する取引
  • 2カ国間の通貨の売買による為替差益で利益が得られる
  • 2カ国間の金利差を利用して、毎日スワップポイントを受け取ることができる
  • FXでは5万円〜の少額運用が可能
  • 少額でも運用できるのは、レバレッジという仕組みがあるから

積極的にトレードして利益を重ねるか、トレードせずに500円貯金のように毎日スワップ収入を重ねるかの2つの稼ぎ方があり、好みで選ぶことになるでしょう。

そしてFXの一番の特徴であるレバレッジをフル活用することにより、小額であっても取引できることが理解いただけたかと思います。

投資である以上、楽に稼ぐということは簡単ではありません。これからFXを始めようとするならば、チャートの見方などの技術的なこと、損失を出したときやリスク管理を含めたメンタル面についても学んでいく必要があります。

熟練するまでが大変な道のりですが、必ずチャートを読み取ることができるようになりますし、高確率で上がるのか下がるのかを判断できるようになります。

是非とも他の記事も参考に、FXに対して理解を深めていってください。

コメント