FXを始めるのに必要な投資資金は?初心者が用意したい初期資金

FXの基礎

FXを始める為には、投資資金を用意しなければなりません。

この投資資金については本当に人それぞれ、用意できる金額が異なるでしょう。

結論から言うと、投資資金は多ければ多いほど有利ですしリスクも小さくなります。

ですが初心者の期間ですと、知識と経験の少なさがリスク管理を甘くしてしまうため、資金の大小関係なくリスクにさらされる可能性が高くなります。

まずは仮に失ってしまっても問題のない金額で経験を積んでいくことが、将来稼げるトレーダーになる近道です。

結論としては、資金は余剰資金の範囲内なら何円でも良い。

となりますが、とりあえずFXを始めてみたい人にとっては、どれぐらい資金を用意すればよいのかは気になるところ。

最低限必要な資金とは、いくら必要になるのか見ていきましょう。

FXで稼ぎたい金額により投資資金というのは変わってくる

FXで稼ぎたいといっても、月に20万円稼ぎたい人もいれば、3~5万円程度のお小遣いを稼ぎたいという人もいるはずです。

また、トレードするにしても一度の取引でどれぐらい稼ぎたいのですか?答えは人それぞれでしょう。

つまり、自分が稼ぎたい金額により準備すべき投資資金も変わってくるのです。

さらに1万円の資金を10万円に増やすのと、1千万円の資金で10万円を増やすのでは難易度が明らかに違ってきます。

投資資金が多ければ有利という結果になってしまいますが、大金を用意して始めましょうと言いたいのではありません。

投資資金は余剰資金で

余剰資金はいくらありますか?主に貯蓄となるかと思いますが、生活に支障がでずに投資資金にまわせるお金です。

これが余剰資金となりますが、そこからさらに全額失っても勉強代と考えられる金額にまで減らしましょう。

取引するための最低金額は?

余剰資金が把握できたら、その金額で取引ができるのか確認しましょう。ここで「レバレッジ」を加えて考えます。

レバレッジをかけた場合の必要証拠金はいくらになるのか?

少ない資金でも取引できることがFXの特徴でした。これを可能となるのが「レバレッジ」という仕組みがあるからでしたね。

言い換えればレバレッジを大きくかけるほど、必要な資金は少なくなるということで

必要な資金は、レバレッジを何倍かけるかで変わってしまいます。

仮に、100万円の取引をしたとしましょう。以下のようにレバレッジのかけ方により必要な最低資金が変動します。

レバレッジ倍率必要証拠金    
1倍(レバレッジなし)
100万円
5倍20万円
10倍10万円
20倍5万円
25倍4万円

100万円の取引なので、レバレッジをかけないなら当然100万円の資金が必要になります。が、レバレッジ倍率を大きくするごとに、必要な資金が少なくなることがわかります。

そして「どれぐらいの取引を行うのか」も人により変わってきますね。1万通貨の売買をする人、10万通貨の売買をする人いろいろです。

次は「最低取引通貨単位」を加えて考えます。

最低取引通貨単位によっては取引ができないかもしれない

最低取引通貨単位というものが、FX会社によって決まっています。

これは取引するのに、「最低10万通貨単位から取引できますよ」という具合になっています。この場合、1万通貨の取引をしようと思ってもできないのです。

余剰資金が少ない場合、最低取引通貨単位が10万通貨だと資金不足で取引できないかもしれません。

ドル円レートが1ドル100円と仮定すると

・取引量:10万ドル(最低取引単位10万通貨)

・必要証拠金:1000万円

・レバレッジ25倍:40万円

フルレバレッジでも40万円が必要とり、大変ですね。

その場合は、最低取引単位が1000通貨から取引可能なFX会社を選べば解決します。

必要資金を用意するために検討する項目

  • 余剰資金はいくら用意できるのか(これをベースに)
  • いくらの取引をするか
  • レバレッジは何倍で運用するか
  • FX口座の最低取引単位は何通貨からなのか

以上を検討していくことになります。

初心者の方は、何百万円もの取引は避けてほしいものです。よって、1000通貨以下のトレードで実践の中で腕を磨いていくのが一番です。

1000通貨の取引はどんな結果になるの?

トレードしたことがない人には、ここまで説明されてもよくわからないかと思います。具体例から必要資金をみてみましょう。

ドル円レートが1ドル100円と仮定すると

・取引量:1000ドル

・必要証拠金:10万円

・レバレッジ2倍:5万円
・レバレッジ25倍:4,000円

ずいぶんと取引しやすくなりましたね。

この条件下で、ドル円のレートが100円から101円になったら

1,000円の利益です。少ないですか?

でも損失が発生した場合も1,000円で済みます。10万円の内の1,000円ですから生活に支障はでませんよね。

1円の為替変動を例に出しましたが、ドル円のレートが1日で1円動くことはマレです。

利益をだしながらもトレーニングするという意味で、初心者には最適でしょう。

資金が10万円もあれば比較的安全に取引できる

収益無視でFXを始めるだけなら1,000円からでも可能

FX会社によっては1通貨から取引できるところも増えてきました。ここでは説明しませんが、海外口座を使うことでも可能になります。

1000円でもFXの取引はできますが、当然ながら売買できる量が少ないため利益は期待できません。

しかし実際のお金を使った取引となるため、デモトレードとは違ったリアルな感情の変化や集中力を感じ取れるはずです。

FXの練習をするには、意外とアリな選択肢です。

1万通貨の取引だと満足のいく利益も得られる

1万通貨の取引であれば、損失を出したときのリスクを考えてもバランスがとれているかなと感じます。

そして、どれぐらい価格が上下したらどの程度の損益が発生するのか把握しやすいですね。

例えば1万通貨の取引を行った場合、価格が1円上昇すると1万円の利益が発生します。

1日で相場が1円変動することはマレですが、10銭~30銭は通常動きます。

この場合は1万通貨だと、1,000円~3,000円ですので直感的にもわかりやすく利益として考えるにもまずまずです。

1万通貨の取引=1銭の為替変動=100円の利益

レバレッジは便利だけれど5倍以内におさえたい

レバレッジは便利ですがよいことばかりではありません。無理なレバレッジをかけることはロスカットの可能性が増大します。

レバレッジのコントロールの仕方の問題となりますので、レバレッジについては詳しく学んでおく必要があります。

資金には余裕をもたせることが鉄則です。

終わりに

今回の内容をまとめておきましょう。

  • FXに必要な資金は人それぞれ
  • 最低額は数千円〜でも始めることはできる
  • 余剰資金の範囲で始める
  • 資金、取引量、レバレッジをバランス良く
  • FX口座の最低取引単位の確認を

FXを始めるために必要な資金について解説してきましたが、レバレッジに関する説明が多くなったかもしれません。それだけFXとレバレッジは、関係が深いものです。

ただし、レバレッジをかけた取引はリスク管理をしっかりとしなければならず、良くも悪くも活用の仕方次第です。

これからFXを始めようという人は、レバレッジについてはよくわからないはずです。

大切な資産を失うか増やしていけるかに直結する問題ですのでしっかりとレバレッジについて学んでください。

レバレッジに関しては以下も参考になるかと思います。

FX最大の特徴レバレッジを解説。あなたはレバレッジ何倍の取引をしているか把握していますか?

コメント