【FX用語】ロットという最低取引単位

FXの基礎

FX取引には、最低取引単位というものがあります。

この取引単位がロットという単語にも関係してくるのですが、ロットとは何のことでしょうか。

今回はFX用語として使われている、「ロット」について解説していきます。

通貨の最小単位

FXでは通貨の売買ですので、取引の単位は「通貨」です。よって、1通貨がFXの世界では最小単位となりますね。

実際のトレードでは

米ドル/円の通貨ペアで、「1通貨の米ドルを買う」「100通貨買う」といった具合で売買します。

1通貨から取引できるFX会社もあるのですが、1万通貨からしか取引できないFX会社もあり、この場合は残念ながら1通貨だけ買うというようなことはできません。

通貨の最小取引単位というものが、FX会社ごとに決められています。

基本的には、1ロット=1万通貨

通貨の単位がわかったところで、本題であるロットへ進みましょう。

ロットとは、基本的には1万通貨の取引を指します。「基本的には」と加えたのは、FX会社によっては1ロットが10万通貨であったりするからです。

  • 1ロット=1万通貨
  • 1ロット=10万通貨(FX会社によっては)

私たち個人投資家は、100万通貨単位でポンポン取引するようなことはないため、1ロットというと1万通貨を指すことが多いです。

1ロット(1万通貨)の取引だと、どれくらいの稼ぎになる?

最低取引単位が1ロット(1万通貨)とされているだけに、最もスタンダードな取引量となります。

具体的に1ロットだと、どれくらいの稼ぎになるのかは気になるところだと思いますので、簡単に説明しましょう。

1ロットの取引では、相場が1pips動くと100円の変動です(相場が逆に動けば-100円)。300円程度であればあっというまに動くため、しっかりと安定したトレードを身につければ、月間ベースでみると意外と大きな金額となります。

月に20万円の収入を得たい場合、1ロットで200pips取る必要があります。

これはとても現実的な範囲内で、まったく不可能ではありません。ただし、初心者には無理と断言せざるを得ません。

何事もそうですが、知識と経験は必要になってきます。勉強と努力がどうしても必須ということになります。

稼ぐためにFXを始めたというのに、稼げない日々を送り、場合によっては資金を失う日々となるかもしれません。

ですがこれは、トレーダーとして誰もが通る道となるプロセスであるため仕方がないのです。

取引に慣れたならば、1ロットをベースにトレードすればよいですし、練度に合わせてロットを上げればよいでしょう。

初心者ならば1ロット以下のトレードで、1000通貨ベースで練習を兼ねて利益を得ることがよいですね。損失がでた場合も限定されます。

1ロット取引に慣れることの罠

1ロットの損益についてはここまでの説明の通りですが、結構威力があることがおわかりいただけたと思います。

「トレードの第一目的は、お金を増やすこと」

ですよね。そしてそれは、早ければ早いほど良いという気持ちもあるかと思います。

こういった早る気持ちが、まるで稼げないトレーダーにしてしまいます。

1ロットの取引に慣れてしまうと、以下のことをしたくなるのです。

  • ロットを上げたくなる気持ちが強くなる
  • トレード回数がとても多くなる
  • ハイレバレッジを好むようになる
  • いつもフルレバレッジ
  • 多すぎるナンピン
  • 損切りができなくなる

わからない用語もあるかもしれませんが、共通することは、早く大きく稼ぎたいという結果からやってしまうことです。

上記のような症状にかかると、稼ぐ前にまず矯正から始めることになり大きな回り道をすることになります。

おわりに

ロットについて解説してきましたが、単語の意味よりも1ロットの取引をどのように考えてトレードしていくかが大切になってきます。

1ロットの取引結果は収支的にも、自分がトレーダーとして稼いでいけるかどうかの判断材料にちょうどいいものです。

初心者の間は1ロット以下で経験をつみ、勝てない人は1ロットの取引結果を継続して分析してみると原因がつかめるはずです。

コメント