FXの各市場の特徴と時間帯による値動きの癖

FXの基礎

FXでは平日であれば24時間いつでも取引可能な時間ということで、休むことなく動き続けているのが為替相場です。

例外として、土日は市場が閉まってしまうため取引できませんが、一部地域では取引されているため動いています。

開始時間・終了時間はFX会社により異なることがありますが、通常は月曜日の午前7時〜土曜日の午前7時までとなっています。

これを1日の区切りとされていますが、この24時間の間に各世界の市場が開いては閉じを毎日繰り返していきます。

以上のように、同じことを繰り返している故に各時間帯別に値動きの癖のような特徴が現れます。

FXの1日の流れというものを把握してみましょう。

FXでは24時間取引できる理由

日本株では日中だけしか取引ができません。これは株式市場が9時〜15時までしか開いていないせいです。

では為替相場は24時間市場が開いているから取引できるのかというと、半分正解で半分不正解となります。日本の市場だと、だいたい8時〜15時とされています。

為替相場は世界が舞台

FXは世界中で同時に取引されているため、複数の市場があります。主な市場は

  • オセアニア
  • 日本
  • ロンドン
  • ニューヨーク

のように分けられます。これらの市場を渡り歩くことで、24時間取引することが可能になっています。日本市場が閉じたので、次はロンドン市場で取引をするといった具合ですね。

難しそうに聞こえますが、トレーダー自身がどの市場で取引をするか意識する必要はありません。為替相場には市場といっても実際の取引所はないからです。

銀行同士がネットワークで結ばれた取引を外国為替市場と呼んでいるだけで、私達はそのネットワークに参加して取引しているようなものです。

土日だけ取引できないことに疑問を持つかもしれませんが、世界中の金融機関が休みになってしまうからです。

時間帯による相場の動きの変化

為替相場の1日の流れを追ってみましょう。値動きが変わりやすい時間帯というものがあります。

なぜそのようなことが起こるのかがわかるかと思います。

為替相場での各時間帯は、大きく以下の4つの時間帯で構成されます。オセアニア時間から始まって、ニューヨーク時間のクローズで1日が終わるといった具合です。

  • オセアニア時間
  • 東京時間
  • 欧州時間
  • ニューヨーク時間

それぞれの時間に特徴がありますし、複数の市場が同時に開いている場合は参加者も多いため値動きが活発になります。

オセアニア時間(6時〜8時)

ニュージーランドのウェリントン市場やオーストラリアのシドニー市場が開いている時間です。

多くの通貨ペアで動きはあまりありませんが、豪ドル円やニュージーランド円のようなオセアニア通貨に動きがでやすい時間帯です。

とはいえ、週末に大きなニュースや出来事があった場合、オセアニア時間で大きく値が動くことがあります。

8時〜15時の東京時間

日本、香港、シンガポールの市場が開きます。

基本的に緩やかな値動きに終始し、材料がなければ大きな動きは見られません。東京時間では実需の取引が活発な時間帯です。

仲値発表の時間の他、5日や10日のつく日であるゴトー日は、日本企業の決済日となり、ドルが買われやすかったりします。

15時〜21時の欧州時間

欧州時間からは東京時間と様子が変わり、取引が活発になってきます。

欧州時間といっても、17時に開くロンドン市場の時間帯を指すことが一般的です。ここから投機的な売買も加わり、ユーロやポンドのような欧州通貨も活発に動き始めます。

動きが出始める時間帯となるため、欧州時間から参加するトレーダーも多い傾向ですね。しかし、東京市場の値動きを帳消しにするような動きも見せるため、難しい時間帯だともいえます。

21時〜6時のニューヨーク時間

ここからニューヨーク市場が開き、アメリカの参加者が加わります。

特に21時〜2時の時間帯は、ロンドン市場とニューヨーク市場が同時に開いている時間帯ですので、取引の盛り上がりのピーク。

米国の経済指標が多く発表されるため、値動きも活発です。トレンドも出やすい時間ですのでこの時間帯をメインにトレードする人が多いでしょう。

コメント