【FX用語】損切り

損切りとは、文字通り損失を自らの手で確定させる行為です。

損切りをした瞬間に、損失が確定します。これは損切りしない限りは損失が確定しない・・・ということで、損切りとは実行することが難しいものでもあります。

できることならば避けたい損切りですが、トレーダーである以上はこの「損切り」と上手く付き合っていく必要があります。

今回は、FXの基本用語としての損切りの意味についてみていきましょう。

損切りと損切りする目的

すでに冒頭で答えはでていますが、損切りという用語の意味を確認しておきましょう。

損切りとは、「損失がでている(含み損)ポジションを自ら決済すること」です。

損切りをする一番の目的は、今以上に損失が発生することを防ぐことにあります。

損失が発生している以上、自分が考えている方向とは逆方向へ相場は動いているわけですので、今後さらに損失が拡大していく可能性が高いことになります。

ですので例え損をすることになっても、早い段階で損失を確定させて被害を最小限にしようという考えのもと損切りを実行します。

損切りしない限り損失は発生しないが

損切りしない限りは損失が確定しないため、損はしません。逆に、相場の流れが変わって含み益に転じることもあります。

そのため、なかなか損切りはやりにくいものです。損切りできなくなる原因は主に以下の3つになるでしょう。

  • 損切りしなければ、損失にならない(損は絶対にイヤ)
  • 相場が反転し、含み損から含み益になるまで待つ(お祈り・運任せ)
  • すでに含み損が大きくなりすぎて、損切りの意味が薄い(手遅れ)

とにかく含み損が解消されるまで待つということで共通しますね。

うまくいけば損はしませんが、この含み損の解消を待つという行為が大きな損失となります。

含み損解消を待つ行為のリスク

待てばいつかは相場は戻ることは確かだと思います。が、いつ相場が戻ってくるかは誰にもわかりません。

ひたすら損失に耐え続け、相場が戻ってきて無事プラスマイナスゼロで決済できたとしましょう。損失はでませんでした、無傷です。

このトレードは成功でしょうか?

単に運がよかっただけですよね。この先、毎回うまくいくはずがありません。つまり、うまく行かなかったときに大損害を受けることになります。

そしてもう一つ、相場が戻ってくるまでには時間がかかるということがあります。

それは一週間かもしれないし、一年後かもしれません。どれだけ時間がかかるかわからないけれど、損失を抱えてずっと待つということになります。

損切りしないことは、損失以上にチャンスを失うこと

損切りをしない間は、資金に相当な余裕がない限り何もできません。新たに売買チャンスが巡ってきたとしても、見送ることになります。

損切りしないことで、時間と機会をロスしていることを考えないといけません。

一番最悪なパターンが、長期間損失に耐え続けていたのに強制ロスカットになることでしょう。

時間も機会も資金も失う結果になります。

そんな事態をさけるためにも、損切りという選択が必要になってきます。損切りになるようなトレードばかりであったとしても、負けでも下手でもありません。

おわりに

損切りなんてイヤなものですし、初めはどうしてもできないかもしれません。

損切りをしたり、しなかったりを繰り返してしまうかもしれませんね。損切りを設定しても引っかかりそうになるとずらしたり、キャンセルしたりすることもあるかもしれません。

しかし経験を重ねるうちに、損切りの重要性にも納得し当たり前のようにできるようになるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)