【FXトレードでよくある失敗】損切りしない

FXの基礎

FXのトレードではよくある失敗があります。特に多いと思われる失敗パターンをいくつか挙げてみることにしました。

今回は「損切り」について。

あまりにも当たり前すぎるので省こうかとも思いましたが、トレードで成功するためには必須の条件となるため記事にしました。

私も一通りの失敗はしてきましたが、まだまだ直していかないといけないことばかりで大変です。今では損切りも問題なく執行できますが、自信のあったエントリーでの損切りはガッカリするものです。

どんな失敗も気をつけることで改善できるものばかりですし、頭に入れておくだけで自分はもう大丈夫かと思うものばかり。

しかし簡単に直せるものでもなく、むしろ何度も同じことを繰り返してしまうようなことになりがちとなるため大問題なのです。

改善しない限りFXで稼ぐなんてことは絶対に不可能です、しっかりと乗り越えていきましょう。

損切りしない

どんな書籍を読んでも、そして誰もが損切りは大事だよと言い、自分でもその大切さがわかっている「損切り」という行為。

損切りは「自分の手で損失を確定させて資金を減らす行為」です。わざわざ自分から損をしにいくわけですから、損切りできないのは当然なんですよね。

損切りできない理由は大きく2つしかありません。

  • 純粋に損失の確定ができない
  • 相場とは必ず戻ってくるものという期待

順番にみていきましょう。

損失の確定ができない

  • 勝率100%を求める
  • とにかく1円であっても損を出したくない
  • 含み損が大きく、損切りしたところで致命的

以上のようなケースの人が陥りやすいですね。勝率100%を求めることと、1円の損失も嫌だということはほとんど同じことかと思います。

とりあえず勝率100%や損失を一切ださないトレードなんて存在しない。と理解していただきたいです。

そして、含み損が大きくなりすぎた場合。残念ですが手遅れと言わざるを得ません。

少し戻ってきた所を少しずつ損切っていったり、両建てを駆使して損失をフラットにしていくことになるのかと思いますが、損害が大きくなる可能性もあり収拾つかなくなる可能性が高いでしょう。

高い授業料ですが、バッサリと損切って少しでも資金を残す方が良いかもしれませんね。耐えて運良く助かってしまうと、次回同じことをしてしまうものです。

厳しい言い方をすると、損切りできないのでは絶対に相場で生き残れません。損せず利益を得たいなんて都合良すぎるということです。

損失は受け入れて仕切り直すという心構えを持たないと、入金を繰り返してひたすら耐えるだけのトレードになってしまいます。

相場は戻ってくるものという期待感

逆行した相場も、いつかは戻ってくるから損切りしないという考えもあります。そしてこれは正しいとも言えます。

ですが、いつ相場が戻ってくるかが誰にもわかりません。明日戻るかもしれないけれど、1年後かもしれません。10年後だったらどうしますか?

相場が戻るのを耐えている間にトレードできる機会を失っています。

例え20円幅逆行しても大丈夫だったとしても、損切りせず耐えている時間はもったいないですよ。

コメント