移動平均線をフル活用するためのグランビルの法則と8つの売買法則

今回は移動平均線をフル活用するために、もう少し細かく移動平均線と価格の関係をみていきましょう。

そこでわかりやすい考え方として「グランビルの法則」があります。

グランビルの法則8つの売買シグナル

グランビルの法則では買いのシグナルが4つ、売りのシグナルが4つ、計8つの売買シグナルが定められています。

【買いシグナル1】水平から上昇へ移行する移動平均線の上抜き(ゴールデンクロス)

ローソク足が水平から上向きへ移行する移動平均線を、下から上へ上抜いた場所です。移動平均線を使った売買サインの中でも最も有名な、ゴールデンクロスの場所ですね。

移動平均線のクロスは、当然多くの市場参加者が注目している場所になります。

ポイントは移動平均線が右肩上がりに上向いてきているかどうかをしっかりと確認することです。このとき価格が安値・高値の切り上げが確認できるようなトレンドを1つつけていることを確認できれば安心です。

水平な移動平均線をローソク足が上抜いても、もみ合いを脱していないケースが多くレートは伸びていきません。

また、下向きの移動平均線をロウソク足が上抜いたところで下落方向を指しているためすぐに下げてくる可能性が高くなります。

【買いシグナル2】上昇する移動平均線を下抜けてからの再上昇(押し目買い)

移動平均線をローソク足が上から下へ下抜いた場面ですので、デッドクロスです。

デッドクロスなので通常は売りサインですが、上向きの移動平均線に対するデッドクロスということで、流れはまだ上向いている場面です。

判断が難しいのですが、弱めの買いサインとなるので押し目買いのポイントになります。

安く買いで入れるのがメリットですが、安値の切り上げをしっかりと確認して移動平均線を上抜いてくるのを待つのが安全です。

【買いシグナル3】上昇する移動平均線にタッチ(押し目買い)

押し目買いを狙うならば絶好のポイントです。

買いシグナル2と同様、価格は下げてくるのですが移動平均線を割り込まずデッドクロスはせずに再上昇していきます。

上昇トレンド中であれば積極的に狙っていきたい絶好の買いポイントです。

ただし、当然ダマシとなりそのまま移動平均線を下抜けていくこともありえるため、ローソク足の確定を待ってしかけることが大切です。

「ローソク足が上向く移動平均線にタッチして、移動平均線の上で確定したら仕掛ける」といった具合です。

【買いシグナル4】移動平均線から大きく乖離した場所(リバウンド)

価格が大きく下落すると、必ず移動平均線に戻ろうとする力が働きます。

そんなリバウンドを狙う買いサインが、価格が移動平均線と大きく乖離する場所となります。

しかし、どのタイミングで移動平均線に向かって反発するのかはわからないといえます。

大きく下げて、また下げることもよくある場面ですので下げ止まりを確認してからのエントリーが必須です。

RSIなど他のオシレータと組み合わせることで、ある程度反転のタイミングを絞れますがリスクが高く避けたほうが無難な場面です。

安く買えて大きな値幅を狙える場所ですが積極的に仕掛けるには危険なポイントです。

グランビル買いの4法則

買いの4法則を図にまとめると以下になります。

【売りシグナル1】水平から下降へ移行する移動平均線の下抜き(デッドクロス)

売りシグナルは買いシグナルの場合と逆の考えになります。

水平から下向きへ移行する移動平均線をローソク足が下抜くようなデッドクロスの場所です。

売りを仕掛ける場面ですが、買いシグナル1と同様移動平均線の傾きが大切になってきます。

移動平均線がしっかりと水平から下向きへ変わってきていることを確認してからエントリーするように注意します。

 

【売りシグナル2】下降する移動平均線を上抜けてからの再下落(戻り売り)

ゴールデンクロスとなったものの、移動平均線は下向きであることに注意します。

価格は移動平均線を上抜いたものの、下に傾いているということは流れはまだ下にあることを指しています。

一時的な戻しである可能性が高く、買っていくのは危険です。

再度移動平均線の下へ戻ってくるのを見届けて、戻り売りをする場面です。

【売りシグナル3】下降する移動平均線にタッチ(戻り売り)

買いシグナル3に相当する絶好の戻り売りポイント。

流れが完全に下にあり、移動平均線がしっかりと下に傾いているような場所です。

こうした場所ではゴールデンクロスには至り難く、下げる移動平均線をトリガーにまた価格が下げていく可能性が高いポイントです。

移動平均線にタッチして上抜けはしなかったことを、ローソク足が確定したことを確認してから売りで仕掛けていきましょう。

【売りシグナル4】移動平均線から大きく乖離した場所(リバウンド)

買いのときと同様、移動平均線から大きく乖離したポイントからのエントリーです。

やはりどこで反転してくるかをピンポイントで予測することは困難です。

強力なレジスタンスラインや、意識されているような目立つ高値など、何らかの高値の目処となる根拠がないと安易に売りエントリーすると大惨事になりかねません。

勢いがある場面で逆張りすることに等しいため、積極的に狙っていくには難しくリスキーです。

以上がグランビルの法則による8つの売買シグナルでした。買いの場合と売りの場合とでは見方が逆になるだけなので、4つだけ覚えておけば対応できますね。

グランビル売りの4法則

売りの4法則を図でまとめると以下になります。

グランビルの法則のまとめ

最後に図でグランビルの法則をまとめておきます。


「買い4」や「売り4」は、移動平均線へ戻る動きをするのは間違いありませんが逆張りになるため、非常に危険なポイントです。

大きな乖離ができるということは、それだけ相場が一方向へ動いているため移動平均線へ戻るのはずいぶんと後のことになるかもしれません。

大きな値幅を狙える場所ですが、大きく損失を被る場所でもあるため見送ることをお勧めします。

その他のポイントは基本的に順張りとなるため、売買1~3をメインに利用していくことが堅実なトレードになります。

まとめ

移動平均線を使った売買はクロスを用いたエントリーがメインとなりますが、グランビルの法則を参考にすれば狙えるポイントがパターンとして8個あることがわかります。

また移動平均線とグランビルの法則はセットのようなところもあり、相場の流れをよく表しています。

注意点はグランビルの法則だけで相場を判断するのではなく、トレンドラインや水平線を引き、ダウ理論を取り入れて複数の視点でグランビルの法則が通用するか判断することです。

グランビルの法則だけに限らず、複数の売買根拠を持ってエントリーすることで高い精度を保ってトレードすることができるようになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)