高値・安値の定義|高値と安値にはトコトンこだわろう

FXの基礎

高値と安値は、チャート分析ではとっても重要になるポイントです。これを意識せずに相場に向かうのは戦略なくトレードしていることに変わりありません。

高値と安値の位置関係次第で、わかることは多くあります。

  • 現在の相場状態の力関係
  • トレンドの継続と崩壊
  • 重要な節目

など、トレンドの判断(環境認識)に強く影響をあたえます。

しかしながら見方によっては無数に高安が存在し、人によっては高値と安値として見る認識が違います。このため、高値・安値の位置がわからないという問題がでてきます。

そのせいで、どこを高安とすべきか判断できない状況がよくあります。ここが高値と見てもよさそうだけれど、本当にココでいいの?と感じることは経験があるはず。

実際、どこを高値・安値として見るかでチャート分析の結果が全く異なってきます。その結果、完全に同じチャートを見ても、ある人は買いと言い別の人は売るという判断を下します。

わかりやすい例が、自分の引いたトレンドラインと、他の人が引いたラインが全く違っているということでしょう。

今回は、そういった迷いを取り除くために高値と安値の定義付けをしておこうという話です。

まず高値と安値の重要性を知っておきたい

高値と安値は、トレンド相場とレンジ相場のどちらであるか。相場状態を認識するために欠かせません。高値と安値が上の画像のように、トレンド相場かレンジ相場かを決めます。

参考記事 トレンドの定義!ダウ理論におけるトレンドとは?

高値と安値は売買の力関係そのもの

トレンドの例からわかるように、高値や安値の更新は相場の方向を左右する重要なものです。買いや売りが強いからこそ価格を更新していくわけで、売買の力関係がそのまま現れています。

また、高安の更新がなければレンジとなりますが、動きだせば新高値や新安値が出来上がります。売買の決着がついた重要な節目として「高値と安値」が重要視される理由です。

トレンド形成に影響があることはもちろんですが、売買の力関係にも気を向けておくとトレンドの出来上がり方から見えてくるものもあります。

例えばトレンドが発生しているにもかかわらず、伸び方が鈍いようであれば勢いがなくなってきています。そろそろ売り勢力と買い勢力の逆転が起こるかもしれません。

参考記事 『ウェッジ』は天井・底値圏のチャートパターン。ウェッジ抜けはトレンド転換初動を狙える大チャンス

一般的な高値と安値

高値と安値をつけるとしたら、上の画像のようになります。多くの人が同じように考えると思うので、高値と安値とは何かということは理解できているでしょう。

  • 高値・・・一定の期間で最も高い値をつけた価格
  • 安値・・・一定の期間で最も安い値をつけた価格

こうした高値と安値の中でも特別な存在として、「押し安値」と「戻り高値」があります。こちらも合わせて覚えておきたい考え方です。

参考記事 チャート上の超特別な高安、「押し安値」と「戻り高値」を見極めよう

実際には高値と安値を見定めることは難しい

実際のチャートでは微妙な高安の位置関係やヒゲが現れます。これが見る人によっては、高値と安値の位置を判断したときのズレとなります。

これは仕方のないことですが、高安の決め方に迷いが生じるかもしれません。

また自身のトレードであっても、前回と今回のトレードでは高値と安値の見方が違うということもありえます。これでは安定したトレードができません。

初めは、わかりやすい高値と安値を見つけれるようになることを優先しましょう。わかりやすい高値と安値とは、誰もがココと答えるような目立つ山や谷を作っています。

高値と安値の位置はあなたが定義する

高値と安値を見つけても、画像のように多くのポイントがあり悩みますね。また、チャートを広く見るか狭く見るかでも、赤い波と緑の波であるように描かれる波が変わってきます。

画像のように高値と安値が多くありますが、すべて正しいと言えます。それは、どこを基準としてどういったスケールでチャートを見るかはあなたが決めるからです。

少し上で、高値とは一定の期間で最も高い値をつけた価格としました。ですが、一定の期間というのも人により変わるのです。

改善させるには、高値と安値の決め方に自分なりの基準を持つことです。不安だとは思いますが正解・不正解を抜きにして、「こういった場合を高値・安値とする」という一貫した取り決めが必要です。

例えば私は、以下のように決めています。

  • 広いスケールでチャートを見る
  • 日足(執行足よりも長期足)の高値と安値を優先する
  • 小さな高値と安値は無視
  • ローソク確定前の高安更新は無視
  • 長いヒゲ先は高値や安値とみなさない

これは個人的な高安を判断するためのルールです。ヒゲ先も大切だという意見があれば、それも正解です。

相場はジグザグに動くから高値と安値が作られる

相場は上昇したり下落したり、ジグザグとした動きをしながら進んできます。この過程の中で高値と安値は作られていくわけですが、なぜ相場は動いているのでしょう?

答えは、通貨の売買がされているからですね。

  • 通貨を売る人と、買う人がいるから(通貨の売買)
  • 通貨を買ったら、いつかは売る。売っていたものは、いつかは買い戻す(決済行為)

参考記事 為替相場が変動する理由。何が原因で誰が動かしているのだろう

数多くある高値と安値の中でも注目される場所は

意識される高値と安値は時間軸によっても変わってきますが、以下のような区切りとなるようなポイントを抑えておくとよいでしょう。

  1. 長期足の高値と安値(4時間・日足・週足)
  2. 特に日足での高値と安値
  3. 直近(前日)の高値と安値
  4. モニタ画面内での高値と安値

1番と2番は一度ラインを引いてしまえば、しばらくは書き換える必要はないはずです。長期足での節目というだけあって、強くサポレジとして機能するため確認してみましょう。

高値と安値の判断に迷うならば

上のような画像のチャートはよくありますね。ヒゲが高値や安値をわからなくしているパターンです。無理をして判断する必要はありません。今回はわからないので見送るというのも戦略です。

それでも少しでも参考にできるような方法を考えるとすると、バーチャートに切り替えてチャートをみることです。

ローソク足ではハッキリとしない高値ですが、バーチャートだと高値の位置がよくみえます。

おわりに

高値と安値という単純な考え方ではありますが、持っている意味は大きいです。

画面内にたくさんのインディケータを表示している人は、一度すべて消してローソク足だけのチャートを見てほしいです。特に、インディケータを3つ以上入れているならば強くそう思います。

相場の動き出しのポイントや、反転のきっかけとなる位置、押し戻りのポイントなど。あまり見えなかったものが、高値と安値の位置でシッカリと反応していることがよく見えてきますよ。

コメント