自動売買プログラム(EA)を作りたいなら必須!メタエディターの設定と使い方解説

メタトレーダー(MT4)

FX業者から提供されているチャートでは、多くのテクニカル指標を表示することができるため何の不便もなく使うことができます。

期間や表示色も意外と細かく設定できたりしますので、メタエディターを使う必要性はないでしょう。

しかしあらかじめ用意された指標を表示するだけで、独自の指標を作ってチャートに表示させると言うことはできません。

独自の指標を作ってみたいという人もいるのではないでしょうか?特に自動売買プログラムを作ってみたい場合は必要ですね。

そうでなくても、少しだけ既存のインディケータに変更や追加をしたいというケースはあると思います。

そんなときに活躍するものが、『メタエディター』です。

メタトレーダー(MT4)には「MQL4」という言語を使って、オリジナルなテクニカル指標を作って動作させることができる機能が標準で備わっています。

覚えることの多いジャンルではありますが、今回はメタエディターの使い方に絞って解説していきます。

メタエディターを起動しよう

MQL4を使ってプログラミングするために『メタエディター(MetaEditor)』というソフトウェアを使います。

メニューバーのアイコンを選択するか、メニューからメタエディターを起動してみましょう。

・メニューバーアイコン

 

 

・メニューバーの『ツール(T)』→『メタエディター(E)』

 

 

 

 

 

起動すると以下のウィンドウがでてきます。

日本語化とフォント設定

メタエディターが起動したわけですが、メニューが英語になっています。

これを日本語表示にしておきましょう。初期設定ではプログラム中に日本語を書くと文字化けをしてしまいます。

・メニューバーから『View』→『Languages』→『Japanese』を選択

 

再起動を促すメッセージが表示されるので『Restart』を選択して再起動します。

以上でメタエディターが日本語表示されました。続いて日本語フォントを使えるようにフォントの設定を行います。

・メニューバーから『ツール』→『オプション(O)』を選択

 

 

 

・『オプション』ウィンドウの中から『フォント』タブを選択

「スクリプト」が日本語であれば何でもOKです。好みのフォントを使いましょう。

メタエディターを使ってできること

MQL4というプログラミング言語を使ってプログラムが作れるわけですが、どのようなものが作れるのでしょう。

メタエディターのメニューから『ファイル(F)』→『新規作成(N)』を選択すると以下のようなウィンドウがでてきます。

6つの項目が選択できますが、自動売買プログラムや独自インディケータを作ろうとすると「エキスパートアドバイザ(テンプレート)」と「カスタムインディケータ」をメインに使っていくことになります。

プログラムファイルの保存場所

ファイルの保存場所を気にする必要はありませんが、インターネット上に公開されているプログラムを使おうとなると正しい場所に保存しなければいけませんので確認しておきましょう。

メタトレーダーのインストール場所をエクスプローラからたどっていってもいいのですが、メニューからデータフォルダを開くと簡単です。

 

・『ファイル(F)』→『データフォルダを開く(D)』を選択

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・『MQL4』フォルダを選択

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山フォルダがありますが、エキスパートプログラムは「experts」フォルダに。カスタムインディケータは「Indicators」へ保存されます。

 

 

 

 

 

 

「Indicators」フォルダを除いてみると、メタトレーダーに標準で備わっている多くのインディケータが保存されていることがわかります。

新規にインディケータを追加したり作成したものはこのフォルダへ保存することになります。

また、拡張子が「mq4」と「ex4」のファイルが同じ数だけあると思います。それぞれプログラムが書かれたテキストファイルと、実行するための実行ファイルとなっています。

  • mq4ファイルはテキストファイル(プログラムコード)
  • ex4ファイルはメタトレーダーが実行できるように変換されたファイル(実行ファイル)

ex4ファイルはメタとレーダーが起動したときにmq4ファイルから自動的に変換されます。

まとめ

以上がメタエディターの設定ですが、たいした設定項目はありません。日本語化とエディタで日本語を使えるようにしたぐらいです。

「mq4」と「ex4」ファイルの違いは抑えておきたいですね。

次回からは実際に何かプログラムを書いて実行してみたいと思います。

コメント