一目均衡表最重要ライン『基準線』を使いこなそう

テクニカル分析

一目均衡表の基準線についてみていきます。

基準線はその名前の通り、相場を見る上で基準となるラインであり一目均衡表の5本のラインの中でも一番大切なものです。

基準線と転換線は、慣れない間は見分けるのに間違えやすいのでしっかりと覚えておきましょう。

ローソク足の近くで動いているラインが転換線。転換線の内側で動いているラインが基準線でした。転換線の方が上下の動きがあるのに対して、ゆるく上げたり下げたりしているのが基準線です。

基準線の計算式からわかること

転換線の計算式

基準線=(過去26日間の最高値+最安値)÷2
※過去26日間には当日を含む

計算に使う日数が違うだけで、転換線の計算式と全く同じですね。転換線は過去9日間を計算に使いました。

基準線の意味

転換線の場合と同じように考えると基準線は以下のことを表すラインだと言えます。

  • 基準線は過去26日間の値動きの中心値を表す
  • 中期の相場水準を表す均衡点
  • 中期トレンドの方向を指す

基準線は中期(26日間)の売買勢力の均衡点を表します。これはそのまま中期(26日間)の相場水準でもあります。

図にまとめると以下のようになります。

当日を含めた過去26日間での、最高値と最安値の半値が基準線の位置。ここが現在の中期的な相場水準です。

基準線が持っている7つの特長

基準線について簡潔にまとめると7つの特徴があります。

  1. 基準線は中期(26日間)の値動きの中心を表す
  2. この中期の値動きの中心値をつないだ結果できあがるものが基準線
  3. 価格がちょうど基準線上に位置するならば、中期買い勢力と売り勢力のバランスがとれているということ
  4. 基準線は中期間の売買勢力の均衡点を表している
  5. 基準線の切り上げ(下げ)と向きが、中期トレンドの方向を指す
  6. 転換線と同様、トレンド発生中にはサポレジとして機能し、有力な押し目買い・戻り売りのポイントになる
  7. (6)の特長により、基準線と転換線の間に価格がある場合はレンジになりやすい

基準線と価格の位置関係からわかること

  • 価格が基準線より上→中期的に買い方優勢
  • 価格が基準線上に位置する→中期的に売買が均衡している
  • 価格が基準線より下→中期的に売り方優勢

上記のように、基準線は中期相場における売買の分岐点だといえます。

トレンド発生中の基準線の動き

トレンド発生時には転換線同様、アップトレンドでは基準線は切り上げていき、ダウントレンドでは切り下げる動きを見せます。

過去26日の間で、高値や安値を更新している事実を表しているためとても大切です。

期間が転換線の9日間に対して、基準線は26日間と長いため動きが鈍いのですが基準線に動きがあるということは比較的長いトレンドが発生しています。

基準線への押し・戻しは絶好のエントリーポイント

一目均衡表を使って押し目買いや戻り売りをしようと考えたとき、候補となるのが転換線や基準線へ価格が近づいてきたときです。

トレンドが強い状況では、転換線で弾かれますが突破されると次の押し戻しの候補は基準線です。

基準線は中期的な相場水準ということもあり、転換線よりもより意識されるラインです。そうあっさりと突破されるようなラインではないため、基準線が一番のエントリーポイントになります。

ドル円のアップトレンドをみてみましょう。

トレンド発生中の場面では、基準線は右肩上がり。基本的に転換線に沿って価格は上昇しますが、転換線を下抜けされると基準線が壁となります。

図のように基準線が押し目となり、基準線に押しが入ったら直近高値をブレイクする動きがずっと継続しています。

しっかり押し・戻りが入ったら次は大きく伸びるというのがポイントです。

転換線で攻めるのか、または基準線で攻めていくのかはトレードスタイルによりますが、基準線が有力な押し戻しの候補であることは間違いありません。

 

コメント