一目均衡表を使うために。まずは5本ラインの見方と各ラインのもつ役割を覚えよう

テクニカル分析

一目均衡表はその名前の通り、相場の均衡を表し一目でその様子がわかるようなテクニカル指標です。

均衡とは買い勢力と売り勢力のバランスがとれている状態ですが、当然いつかは相場が一方向へ進んでいきます(均衡が崩れる)。

つまり均衡点がわかれば買い勢力と売り勢力のどちらへついていけばよいのかわかりますね。それを可能としているのが一目均衡表ということですが、一番の特徴は価格に加えて時間を重視し、いつ相場が転換するのかのタイミングも教えてくれる点です。

そのためチャートの現在位置よりも先にラインが引かれてたりする珍しい指標です。

ドル円の日足に一目均衡表を表示させたものが以下の画像です。

一目均衡表だけしか表示させていませんが、ラインがたくさんでてくるため複雑に感じるかもしれません。しかし見方はいたってシンプルです。

今回は一目均衡表で使われるラインを一つ一つ見ていきましょう。

一目均衡表を構成する5つのラインと雲

まずは格ラインの名前と役割を抑えておきたいですね。それぞれのラインは重要な意味を持っています。

先ほどの画像に各ラインの名称を記入してみました。全部で5本のラインで構成されています。

一目均衡表の5つのラインとは「基準線」「転換線」「遅行スパン」「先行スパン1」「先行スパン2」です。

わかりやすいのが雲と呼ばれる部分ですが、「先行スパン1」と「先行スパン2」の間を塗りつぶしたものです。

特に先行スパン1と先行スパン2の位置関係など、始めは何がどのラインなのか区別つかないかと思います。

チャートを見たときに格ラインを判別できるようにしておきましょう。

5つのラインの見分け方

一番見分けがつくのが遅行スパンです。遅行スパンは後ろにずれた位置で動いているためわかりやすいです。

次が先行スパン1と先行スパン2。この2つのラインの間の部分が雲となるのでした。そしてこの2つのラインは現在価格よりも未来へ伸びている特徴的なラインですので覚えやすいですね。

ただ、上下どちらのラインが先行スパン1なのか先行スパン2なのかが判別できないかと思います。時間経過と共に上下に入れ替わったりもするため混乱しますが簡単です。

  • 上下に変化が多いラインが先行スパン1
  • 水平な動きが多いラインが先行スパン2

となります。

基準線と転換線が一番どっちだったかなと迷うところですが、ローソク足の近くを動いているラインが転換線。転換線の外側で動いているラインが基準線です。

以上が一目均衡表を構成する5つのラインですが、格ラインをすぐに見分けられることが一目均衡表を使いこなすために必要です。

少しだけ練習が必要ですね。

遅行スパン・・・後ろから遅れてついてくるライン

先行スパン1・・・上下動が大きい現在価格よりも未来へ伸びるライン

先行スパン2・・・水平の動きが多い現在価格よりも未来へ伸びるライン

転換線・・・ローソク足の近くで動くライン

基準線・・・転換線の外側で動くライン、転換線よりも上下動が少ない

一目均衡表を構成する5つのラインの詳細

格ラインの名称と位置関係を把握できたところで、それぞれのラインが持つ意味をみていきましょう。言葉で説明するよりも計算式を見るほうが理解が早いので合わせて確認していきます。

一目均衡表5つのラインの計算式

転換線・・・(過去9日間の最高値+最安値)÷2

基準線・・・(過去26日間の最高値+最安値)÷2

遅行スパン・・・当日の終値を26日前にずらした位置に表示

先行スパン1・・・(転換線+基準線)÷2を26日先に表示

先行スパン2・・・(過去52日間の最高値+最安値)÷2を26日先に表示

計算式は全て簡単ですよね。遅行スパンに至ってはずらして表示しているだけです。計算結果をずらすという部分が一目均衡表の特徴ですが、どうしてそんなことをしているのかを知るほうが大切です。

計算式をみるとわかるように、過去ある日数分の最高値と最安値を足して2で割った結果をチャートの現在や未来に表示していることがわかります。

一目均衡表は、過去一定期間の値動きの中心となる値を重視しているわけですね。

過去一定期間の中心線となるため、半値と言い換えることができます。この半値が相場水準をあらわすことになるため非常に重要です。

例えばアップトレンド中であると、価格がどんどん上昇しているわけですから継続して高値も安値も切り上がっている状況です。

一定期間の中心線である半値のラインが時間経過と共にジリジリ切り上げてくるため相場の水準が上がってきていることがわかります。

ですので一目均衡表の格ラインは、現在の相場水準を表しトレンドの方向を指していいます。

転換線・・・過去9日間の相場水準を表し、短期トレンドを指す

基準線・・・過去26日間の相場水準を表し、中期トレンドを指す

先行スパン2・・・過去52日間の相場水準を表し、長期トレンドを指す

まとめ

今回は一目均衡表を構成するラインについてまとめてみました。5本のラインはトレンド方向を指し、現在の相場水準を表していることから複雑な相場分析をしなくてもぱっと見るだけで現在の相場状況を把握できることが強みです。

始めは各ラインの位置関係を把握するのに苦労すると思われますが、ラインの名称と合わせて確実に覚えていきましょう。

次回は一目均衡表を使ったエントリーについてみていきたいと思います。

 

 

 

コメント