一目均衡表の売買サイン。三役好転・三役逆転

テクニカル分析

一目均衡表の見方がわかったところで、基本的な売買手法を具体的にみていきましょう。

基準線や転換線、雲といった各ラインの位置関係がよくわからない場合は以下の記事を参考にしてみてください。

一目均衡表を使うために。まずは5本ラインの見方と各ラインのもつ役割を覚えよう

一目均衡表による売買サイン

一目均衡表を使った最も基本となる売買サインです。主に基準線と転換線のクロスから判断していきます。

ラインのクロスだけを根拠とするだけでは弱いですが、エントリーを検討する価値は十分にあります。

一目均衡表の買いサイン3つ

買いサインは3つあります。

  • 転換線が基準線を上抜けしたとき
  • 価格が雲の上限を上抜けしたとき
  • 遅行スパンがローソク足を上抜けしたとき

どれも買いサインですので、いずれか1つの条件が発生すれば買いエントリーとなります。

一目均衡表の売りサイン3つ

売りサインにも3つあります。全て買いサインの場合と逆ですね。

  • 転換線が基準線を下抜けしたとき
  • 価格が雲の下限を下抜けしたとき
  • 遅行スパンがローソク足を下抜けしたとき

 

買いの場合も売りの場合もそれぞれ3つの売買サインがあり、結局どのタイミングでエントリーすればよいのか判断に迷うかもしれません。

エントリー根拠としてはやはり売買サインが1つよりは2つ。2つよりは3つの方が精度が高くなります。

ですので、3つの売買サインが全て揃ったときに仕掛けることが一番有効なトレードになります。

この3つの売買サインが全て揃った状態を、一目均衡表では「三役好転」(買い)「三役逆転」(売り)として鉄板の売買ポイントとして知られています。

三役好転

三役好転の条件は以下になります。買いサインで説明した通りではありますが、通常ならばそれぞれの買いサインは以下の順番に好転していきます。

  1. 転換線が基準線を上抜ける
  2. 遅行スパンがローソク足を下から上へ上抜けする
  3. 価格が雲を上限を上抜けする

三役逆転

続いて三役逆転の条件。こちらも三役好転と全くの逆、それぞれ以下のような順番で三役逆転が完成します。

  1. 転換線が基準線を下抜ける
  2. 遅行スパンがローソク足を上から下へ下抜けする
  3. 価格が雲の下限を下抜けする

三役好転・三役逆転を判断する上での注意点

一目均衡表を見る上で、一番注意が向かうのが雲の抜けだと思います。大抵の場合、価格が上昇(下落)しているから雲を抜けていくので、基準線と転換線の好転(逆転)、遅行スパンの好転(逆転)も発生しているのですが、そうならない場合ももちろんあります。

3つの売買サインが揃って初めて三役好転・三役逆転となります。

特に雲を抜けても遅行スパンは好転(逆転)していなかったり、雲を抜けたけどそのローソク足の確定を待たなかったばかりにヒゲだけつけて再び雲の中へと、見落としてしまうポイントがあるため注意が必要です。

レンジの中での一目均衡表

一目均衡表に限らずですが、レンジの中だと使い方を変えなければなりません。

もみ合ってる相場では一目均衡表はどのような形になっているかと言うと、以下の図になります。

一目均衡表の各ラインは横ばいで動き、頻繁にクロスを繰り返します。

コメント