【FX用語】ロングとショート、ポジションとは

FXの基礎

FX用語として、「ロング」「ショート」「ポジション」という単語があります。FXの勉強や調べ物をしていたら、必ずといっていいほど説明中に出てくる単語ですね。

話の流れから、意味はつかめるような簡単な単語のため自然と理解していたというレベルの単語ですが何故このような呼び名となっているのでしょう?

ロングとショート

ロングとショート、そのままの意味で捉えれば「長い」と「短い」ですね。

FXとは無関係みえるこれらの単語は、売買を指す単語として一般的なものとなっています。

  • ロングとは「買い」のこと
  • ショートは「売り」のこと

そしてFXではもう一つ同じような言葉がありますよね。「Buy」と「Sell」です。

こちらを使うほうが直接的で自然なのですが、トレードの世界では「ロング」と「ショート」で使われることがほとんどです。

さらにもう一つ。「Ask」と「Bid」なんてものもあります。

まとめると

  • 買い・・・「ロング」「Buy」「Ask」
  • 売り・・・「ショート」「Sell」「Bid」

色々な呼び方がある中で、一般的には「買い」を「ロング」、「売り」を「ショート」と呼ぶことが多いわけです。

ロングとショート呼ばれる理由

諸説あるようですが、一般的な理由としては注文の特性と呼び方が関係しています。ロングとショートの特徴をまとめてみました。

ロングの特徴

相場が買い優勢の場合、ゆっくりと買われていく傾向があります。そのためじわじわ買い注文が溜まっていくことが多く、時間をかけて上昇をしていきます。

仕掛けるための様子見期間があることと、売り注文で参加していた人たちの撤退がゆっくりとおこるため、相場が上昇していく過程はゆったりとしたものになります。

誰が見ても上昇相場という雰囲気ができあがってくると、「楽観」という感情を持つ市場参加者が増えてくるため長期間に渡り買われ続けます。

そのため、買い注文の場合は必然的に保有時間が長くなる。ロングと呼ばれる由来です。

ショートの特徴

相場が売り優勢の場合、「下落」というイメージから「恐怖」というものを市場参加者は感じるものです。

相場はネガティブな事柄に敏感であるため、下げる場合は勢いをつけて一気に下落する特徴があります。ロングの場合と違って、いち早く相場から逃げることが優先されます。

買い注文を持っていた人たちの決済(利食い売り)、遅れて買い注文でやってききた人の撤退(損切り売り)、新規の売り注文が重なりやすいこともあり、上昇の場合と比べて下落する場合のほうが早く勢いがついたものとなります。

そのため、売り注文の場合は保有期間が短くなる。ショートと呼ばれる由来です。

ポジションとは

ポジションを直訳すると「位置」という意味になりますが、FX取引では通貨を保有している状態のことを表します。

自分の保有ポジションの説明に使う場合

ここまでの内容を使って表現すると、「米ドル円を1万通貨買った」という場合は、「1万通貨のロングポジション」を持っていることになります。

市場全体のポジションを表す場合

ポジションは、市場全体のポジションの偏りを表す場合にも使われます。

「ドル円のロングポジションが溜まっている」など、市場全体のポジション傾向についての説明に使われることが多いですね。

FXでは、売りポジションと買いポジション双方が混在しているため、ポジションがどちらかに偏っているということがよくあります。

これは、「買い」もしくは「売り」のどちらかに資金が偏っているという状態の現れです。これらの偏ったポジションが決済されて解消されるとどうなるか。

反対売買が発生するため、テクニカル的にも相場の反転につながりやすくなります。

今回は用語解説ですので詳細は別記事にしますが、余裕がでてきたらポジション比率についても考えを巡らせてみてください。

おわりに

今回は単純に、FX取引によく使われる用語のご紹介でした。

FXは通貨の売買です。「買い」と「売り」としての単語はそれぞれ3つ。

  • 買い・・・「ロング」「Buy」「Ask」
  • 売り・・・「ショート」「Sell」「Bid」

なかでも「ロング」と「ショート」が一般的に使われています。

そして、ポジションとは通貨を保有していることを指しますが、2つの使われ方があります。

  • 自分の保有ポジションを表現する場合
  • 市場全体のポジション比率を表す場合

1文で説明できるようなものを長々と書いてしまったのですが、頻繁にでてくる単語であるため参考になればと思います。

コメント