移動平均線の持つ意味とは

チャート分析を始めて、一番最初に覚えるテクニカル分析となると移動平均線を使う人が多いはず。

入門書でも一番最初は、移動平均線が紹介されることがほとんどです。

この移動平均線を使うにあたり、「ゴールデンクロスで買い」「デッドクロスで売り」というサインを参考に売買をすることが一般的ですね。

しかし実際はどうでしょう?売買サインに従っても、思うようにいかない経験をされた方の方が大半のはず。

私も「これ役に立たないな!」ということで長い間全く使わない期間がありました。現在はまた使っているわけですが、

移動平均線の売買サインだけに従うトレードでは勝てません。

今回は移動平均線の基礎と、私たちに送ってくれているシグナルをしっかりと理解していきましょう。

移動平均線の基本

もはや説明不要なほどメジャーなテクニカル指標なため、知っている方は読み飛ばしていただいて。移動平均線のおさらいです。

移動平均線1本で相場の流れがよく見える

ドル円の1時間足に移動平均線を表示させました。

ローソク足だけだと上下に小刻みに動くため方向感がわかりにくいですが、線が1本あるだけで視覚的に方向を捉えやすくなりましたね。

移動平均線は価格の動きをなめらかにし、視覚的にわかりやすくします。

移動平均線の計算式と、そこからわかる意味

移動平均線は「何日分かの終値を合計して、その間の期間で割った数値を点で打っていき、線でむすんだもの」です。

文章では意味がよくわかりませんが、計算式を見ると簡単です。

使い方だけわかればOKという考えもありますが、仕組みを理解した上で使うことをお勧めします。

移動平均線の計算式

期間は何日でもよいのですが、説明のため5日間の単純移動平均線を例にします。5日移動平均線や5SMAと呼ばれます。

5日単純移動平均線=(C1+C2+C3+C4+C5)÷5

C1=当日の終値、C2=前日の終値、C3=2日前の終値、C4=3日前の終値、C5=4日前の終値

というように、過去5日間の平均価格を点で表します。これを毎日続けていくと点がまばらに打たれていきます。これらの点を線で結ぶと移動平均線の完成です。

移動平均線と価格の位置からわかること

計算式からもわかるように、5日移動平均線は過去5日間の平均値の推移です。

チャート上に過去5日間の平均値の推移がラインとして描かれているため、この平均値と現在の価格とは比較することができるようになったということです。

価格が移動平均線よりも上に位置する場合、5日移動平均線であれば、過去5日間に買いを仕掛けているトレーダーは現在利益がでているということになります。

売りで仕掛けている人たちは含み損を抱えている状態ですね。

想像してみると今後の相場の流れがつかみやすい

平均値と現在価格を比べてみて、相場参加者の損益がどうなっているのか想像してみると今後の流れがつかみやすくなります。

移動平均線よりも上に価格が位置するときは強気の相場であり、移動平均線のタッチは買いのシグナルだとよく知られています。

このとき、買いポジションを持っている人たちは含み益。売りポジションを持っている人たちは損失を抱えています。

買い方は利益確定のタイミングを計り、もっと価格が上がらないかと余裕をもって構えていることでしょう。

一方で売り方は膨らむ損失を眺め、損切りの判断に迫られます。

買い方優勢であり損切りによる買い注文や新規の買いも入りやすく、しばらくは上昇が続くのだろうと予想できます。

相場参加者は画面の向こうに沢山います。その人たちがこれからどう動くのか思い浮かべながら自分の予想と照らし合わせてみることも有効ですよ。

  • 移動平均線は、ある期間の相場全体の売りと買いの平均値の連続を表す
  • 移動平均線よりも価格が上にある場合は、買い方が有利な状況
  • 移動平均線よりも価格が下にある場合は、売り方が有利な状況

まとめ

テクニカル分析となると、どうしても売買サインに意識がいってしまいがちです。

移動平均線の売買サインについては次回やろうかなとは考えていますが、それだけに頼っても相場では通用しないことは嫌になるほど理解されていると思います。

それで今回は、実践的な内容でなくテクニカル指標がもつ意味について移動平均線で解説してみました。

なぜ移動平均線で反発しやすいのか、移動平均線の向きに沿って価格は動きやすいのか。

トレードに直接関係ありませんが、このようなことを気にかけるかどうかで同じものを使っていても見方や感じ方に差がつきます。

そういったことに注意しながらテクニカル指標は使っていきたいですね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)