メタトレーダー(MT4)のMACD表示を2ラインに変更する手順を解説

メタトレーダー(MT4)

MACDというと、MACDラインとシグナルの2本のラインで表示されるものが見やすいですし一般的です。

ところがメタトレーダー(MT4)のMACDは、1本のラインとヒストグラムの組み合わせで表示されるのですよね。

MACDとしての機能も見方も変わらないのですが、見やすいほうが当然良い。ということで、メタトレーダー初期状態のMACDを2本ラインで表示されるように変更してしまおうと思います。

メタトレーダー(MT4)のMACD

メタトレーダー(MT4)標準で備わっているMACDが以下の画像です。私は2本ラインのMACDを使っていたせいか、このMACDは何故か見づらいのですよね。

使っていると、MACDとシグナルのクロス部分がなんだかはっきりしない。

【メタトレーダー(MT4)のMACD】

 

ということで、2本ライン表示のMACDに変更していきます。

MACDファイルのバックアップを取る

ファイルに変更を加えるため、MACDファイルのバックアップを取っておきましょう。バックアップと言ってもファイルをコピペするだけで終わります。

1.『ファイル』メニューから『データフォルダを開く』を選択

2.『MQL4』フォルダを開く

3.『Indicators』フォルダを開く

このフォルダの中に、MT4で使えるインディケータファイルが入っています。

4.MACDのファイルをコピー&ペースト

『MACD.mq4』『MACD.ex4』2つのオリジナルなファイルを保存しておきます。

以上でバックアップは完了です。

ex4はインディケータの実行ファイル、mq4はソースファイル(テキストファイル)です。わかる方はテキストエディタから直接編集してしまってもよいですが、今回は手順を追って解説します。

MACDファイルを編集する

メタトレーダー(MT4)の画面にナビゲーターウィンドウが表示されていない場合は、『ナビゲーター』アイコンを選択して表示させます。

1.『MACD』を選択して右クリック

2.メニューから『修正』を選択

3.『MACD.mq4』を編集する

MetaEditorが起動して、以下のような画面がでてきます。中身の意味はわからなくても大丈夫です。

表示された36行目にある『HISTOGRAM』の単語を『LINE』に書き換えます。

【変更前】

【変更後】

以上で、ヒストグラムからラインで表示するように変更できました。

上書き保存をして、メタトレーダー(MT4)を再起動してみましょう。

MACDファイル変更後の確認

MACDが2本のラインで表示されるようになりました。

うまく表示されない場合はバックアップしたファイルに戻すか、スペルミスがないか確認してくださいね。

まとめ

今回はファイルを直接編集することでMACDの見た目を変更してみましたが、ちょっとした変更を加えることで実現することができます。

インターネット上には有料・無料でインディケータが配布されており、MACDに機能を追加したようなものもファイルを追加する形で簡単に使うことができます。

このあたりの柔軟性がメタトレーダーならではですよね。

1から自分の思うインディケータを作ってみようとなると大変ですが、公開されている便利なインディケータは数多くあります。

メタトレーダー(MT4)を使っているならば実現する環境があるわけですし、興味のある方は色々とチャレンジしてみるのも面白いですよ。

コメント