メジャー通貨とマイナー通貨の違い

FXの基礎

FXでは多くの通貨ペアがありますが、大きくわけるとメジャー通貨とマイナー通貨に分類されます。

それぞれの通貨の違いと特徴、何を理由に分類されているのかみていきましょう。

メジャー通貨とマイナー通貨、その違いは?

メジャー通貨とマイナー通貨の切り分けは、取引量の多少で分けられています。

一般的には取引量の多い主要な8通貨がメジャー通貨と呼ばれ、それ以外は全てマイナー通貨とされます。

以下がメジャー通貨とマイナー通貨の一例です。

メジャー通貨(主要8通貨)マイナー通貨
米ドル(USD)
ユーロ(EUR)
日本円(JPY)
ポンド(GBP)
スイスフラン(CHF)
オーストラリアドル(AUD)
ニュージーランドドル(NZD)
カナダドル(CAD)
人民元(CNH)
香港ドル(HKD)
シンガポールドル(SGD)
トルコリラ(TRY)
南アフリカランド(ZAR)
メキシコペソ(MXN)
ノルウェークローネ(NOK)
他多数

メジャー通貨は、聞いたことがある通貨ばかりだと思います。マイナー通貨はどうでしょう?比較的知られているものを用意しましたが、あまり馴染みはありませんね。

メジャー通貨の特徴

メジャー通貨は取引量が多いだけあって、流動性があります。これは多くの通貨が流通しており値動きが安定しているということです。

特に取引量が多いのが米ドル・ユーロ・日本円で、為替相場では落ち着いた値動きをします。

トレーダーとしては値幅を取っていかなければなりませんので、退屈という印象を受けますがリスクのない通貨でもあります。

通貨の特性も為替の変動要因

そしてメジャー通貨であってもこの3通貨以外は取引量が減り、通貨の特性も相まって為替変動が大きくなる傾向があります。

例えばポンドは投機的な売買が活発で値動きが荒く、豪ドルやNZドルは資源国ということもあり、自国の経済状況や貿易によってレートが大きく変動してしまいます。

以上のような特徴から、FX初心者は米ドル/円から初めることが無難とされ、大きな変動を好むトレーダーにはポンド/円が人気となっています。

そして豪ドルのような資源国通貨は、スワップ金利が高いため長期運用目的とされたりと、各通貨の特徴に合わせたトレード方法も様々です。

メジャー通貨はFX取引のメインとなる通貨

  • 通貨の流動性
  • スプレッド
  • 情報量の多さ
  • 必ず取り扱われている通貨である

以上のことにより、FX取引といえばメジャー通貨がメインとなります。

そしてニュースを聞けば、米ドルやユーロ絡みのことが大半ですね。FXの世界では全ての通貨の中でも米ドルが中心となっています。

ですので、アメリカの動向には常に注目しておく必要があります。ポンド通貨がメインだから米ドルは関係ないということにもなりません。

米ドルが買われているのか売られているのか、米ドルの動きが多通貨の動きも左右してしまいます。

マイナー通貨の特徴

マイナー通貨は通貨の流動性が少ないため、為替レートが不安定となります。そのため値動きが激しく乱高下することも珍しくはありません。

大きく上げてきたのに、すぐ元に戻す。大きく上昇していたのに突然下落に転じて下げ続けるようなこともあり、見極めが難しいことが多くなります。

一方で、マイナー通貨は高金利であることが多いことも特徴です。

・マイナー通貨の特徴

  • 為替レートが不安定
  • 高金利な場合が多い

マイナー通貨の中でも特に有名な通貨が、南アフリカランドとトルコリラかと思います。どちらも共通して高金利の通貨ですね。

豪ドルやNZドルよりも高金利のため、スワップ狙いの取引に利用されます。

マイナー通貨ではトレードで為替差益を狙っていくよりは、スワップ金利目的の長期運用をメインとした取引が一般的です。

マイナー通貨のデメリット

  • スプレッドが広い
  • 値動きが激しく、想像を超える大変動を起こす
  • 情報量が少ない

マイナー通貨のデメリットは上記の3つでしょう。順番にみていきます。

スプレッドが広い

マイナー通貨は全般的にスプレッドが広い傾向があります。ドル円のスプレッドは約0.3銭なのに大して5銭以上だったりもします。

そして流動性が低いという特徴により「買いたいのに買えない・売りたいのに売れない」ということが起こりやすくなります。

米ドル円の取引でお目にかかるようなことはありませんが、注文しても約定しないことがあったり、価格が大きく滑って約定することもあります。

そのため元々トレード向きではなく、長期保有が前提となる通貨たちです。

値動きが激しく、想像を超える大変動を起こす

値動きの激しさはマイナー通貨の特徴ではありますが、急落や暴騰が起こりやすいことも特徴です。

この大変動は不意打ちを浴びせるように突然やってくるため、事前に予測することは難しいかと思います。そしてその変動幅も想像を超えていることが多く、レバレッジをかけた取引はハイリスクなものになります。

情報量が少ない

マイナー通貨の情報が、情報として得られることは少なく時間がかかることも多いです。

つまり、なぜ急落や暴騰したのか?何を材料として動いているのかわからないという事態が起こり得ます。

その通貨の国自身による材料で動いたものと考えられますが、メジャー通貨の影響を受けて動くということもあり、本当の原因というのを知ることは難しくなります。

おわりに

米ドルは基軸通貨ということもあり、FXの世界での中心となる通貨です。

そして米ドル・ユーロ・日本円の3通貨はメジャー通貨の中でも取引量が多く、世界で一番取引されている通貨ペアが「ユーロ/米ドル」です。

ですがユーロ/ドルは私達には馴染みがないため、初心者だと敬遠してしまうと思います。

ですので、為替変動が安定していて情報量が多い「米ドル/円」は、これからFXを始める人には最適な通貨ペアとなります。

慣れるまではメジャー通貨の範囲内で取引を行い、必要に応じてマイナー通貨に挑戦してみましょう。

コメント