チャート上の超特別な高安、「押し安値」と「戻り高値」を見極めよう

FXの基礎

トレードでは高値と安値がありますが、その中でも特に重要で特別な意味を持っている高安が存在します。

それが、「押し安値」と「戻り高値」という特別な値です。

この2つを知らずして相場に挑むのは、無謀と言えるほど大切なので確実に見極められるようにしておきたいところです。

押し安値・戻り高値からわかることは、以下のものがあります。

  • 2つの高安自体が、相場の流れが変わる重要な節目
  • 目線の持つ方向
  • トレンド転換の分岐点
  • 有力な押し目買い・戻り売りのポイント

トレードしていると知りたいことばかりだと思います。そういった情報を持っている高値と安値になりますので特別なのです。

もちろん通常の高値と安値も、しっかりと意識しておく必要があります。こちらは以下のことがわかります。

  • 直近の(小さな)トレンドの継続と崩壊の判断
  • トレンド相場であるかレンジ相場であるかの判断

高値と安値が重視されるのは、以上のような理由があります。

「押し安値」と「戻り高値」の定義

どういった状態のことを指すのかを、抑えておくと理解が進むため「押し安値」と「戻り高値」の定義をみてみましょう。

押し安値の定義

直近の高値を更新した安値の位置が、「押し安値」となります。

戻り高値の定義

直近の安値を更新した高値の位置が、「戻り高値」となります。

「押し安値」と「戻り高値」は移動する

押し安値と戻り高値は、いつまでも同じ位置にあるわけではありません。新高値や新安値を作るたびに位置が移動します。

相場が進んでいったとすると、位置関係は以下のように変化していきます。

押し安値の移動

直近の高値を上方向へブレイクし、新高値を作った起点となる位置が押し安値です。つまり最安値の位置が元々の押し安値でした。

ここから押し安値を下抜けすることなく、オレンジのラインを突破したときに、押し安値の位置が移動します。

直近の高値を更新した起点となる安値ができあがったためですね。ここから先は新・押し安値のポイントが今後重視される押し安値として機能します。

戻り高値の移動

戻り高値の場合も考え方は同様、直近の安値を更新したかどうかがポイントとなります。安値を更新するたびに、戻り高値の位置が変わっていくので注意して下さい。

さて、ここまでが押し安値と戻り高値についての説明でした。以下からは、2つの高安が持つ意味を詳しくみていきましょう。

押し安値と戻り高値は、相場の流れが変わる重要な節目

押し安値と戻り高値は、相場の流れが変わっていく重要な節目です。画像を元に詳しく見ていきましょう。

押し安値と戻り高値はトレンド転換の分岐点

ダウ理論では、「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」という法則がありましたね。

そして明確な転換シグナルとは「押し安値」や「戻り高値」をブレイクしてくることでした。

つまり、トレンド転換の予兆をいちはやく察知することができます。逆をいえば現在のトレンドも終わろうかとしている場面ですので、決済の目安とすることも可能でしょう。

ただし、押し安値や戻り高値付近ではチャートが乱高下するなど、きれいな形にならないこともあります。

トレンドが継続すると考える人と、トレンドが崩れたと考える人の売買が入り乱れてしまうポイントだからです。

乗り遅れるということにはならないため、しっかりと抜け待ちすることがコツです。

トレンドとトレンド転換については混乱するかもしれません。重複する内容ではありますが、以下の記事が参考になるかと思います。

参考記事 トレンドの定義!ダウ理論におけるトレンドとは?

参考記事 ダウ理論によるトレンド転換の定義。トレンドはここで切り替わります

目線を持つ方向が確定する

「戻り高値」と「押し安値」をブレイクするとトレンド転換であるということは、ブレイクされない限りは流れが変わらないということです。

目線の方向は画像のように完全に固定化されるため、一時的な上げ下げに振り回されることがなくなるはずです。

参考記事 相場に振り回されないために、ダウ理論で相場の目線を固定化させる。「トレンドの継続」を判断する方法

ここが理解できていると、ポジションを持った後に値動きが気になってソワソワすることはなくなるでしょう。

また、今は売るべきか?買うべきか?の判断にも迷わない上に優位性のある方向へエントリーできるはずです。

有力な押し目買い・戻り売りのポイント

戻り高値や押し安値のような節目は、簡単には突破させてもらえない重要ラインです。よって、有力な押し目買いや戻り売りの候補です。

このあたりは、他のオシレーターやテクニカルを併用することで精度をあげていきます。

例えば、戻り高値にまで調整が完了したので戻り売りを仕掛けたいと考えたとき

  • オシレーターでダイバージェンスが確認できるため控える
  • 移動平均線が下向きでデッドクロスで動いているので戻り売り!

色々とあるかと思います。

画像ではトレンド転換の例ですのでブレイクしてしまっていますが、それでも四角で囲んだように一度は弾かれたり、ブレイクしたのに戻ってきたりといった動きをよくします。

ダマシが頻発するゾーンですので、飛びつき厳禁といったところでしょう。

チャートパターンと相性が最高

トレンド転換が起こるということは、天井圏や底値圏であるということです。そうなると思い出されるのが、チャートパターンの出番ですね。

代表的なものがダブルトップ、ヘッドアンドショルダーやウェッジです。

上のような画像のように、チャートパターンが現れていることが本当に多いです。是非探してみて下さい。

おわりに

「押し安値」と「戻り高値」の位置がどこになるのか。知識として知ってはいても、FXを初めた頃はチャートをみてもわからないかもしれません。

その場合はチャートを見慣れることが最優先となるため、過去チャートで検証してみたり予測を立ててトレードはしないということから始めるのが良いかと思います。

ちなみに、ココが「押し安値」「戻り高値」という模範解答はないため、自分ルールを設定しておく必要はあります。

例えば私でしたら以下のようなルールがあります。

  • 高安を超えたけれど、ヒゲで超えただけ → ブレイクしたとみなさない
  • ローソクの実体で確定して高安を突破した → OK
  • 高安と思われるものが複数近くにある → 全て突破すればOK
  • よくわからない → やらない

基本的には高安ブレイク後の押し戻りを拾うことがセオリーですから、待っていれば良いということに尽きるかもしれませんね。

コメント