pips(ピプス)とは?1pipsでいくらの損益?

FXの基礎

今回はpips(ピプス)についての解説です。

ブログや解説サイトをみてみると「今月200pips取れました」とか「毎日10pipsとる手法!」のような形で「pips」という単位が使われています。

FXを始めたばかりだと、そんなもの使わずに「10万円稼いだ負けた」と言ってくれたほうがわかりやすいのにとも思ってしまいます。

ピップスやピピと略して呼ばれたりもするpipsという単位。

これは何のためにあるのかみていきましょう。

トレードするのであれば、1pipsでいくらの損益になるのか知っておかないと想定していた損益と違って慌てることになりますよ。

pips=通貨の単位

pipsとは「クロス円」「ドルストレート」に共通する、通貨単位のことです。

クロス円の最小単位

クロス円の通貨ペアであれば

1銭=1pips

です。

50pipsなら50銭、100pipsならば1円の値幅という意味になります。

具体的には、レートが100.00から100.01になったら1pips変動したということになります。

レートの小数点第二位がpipsとなります。

ドルストレートの最小単位

ドルストレートの通貨ペアであれば

0.01セント=1pips

です。

具体的には、1.23000が1.23010になると1pips変動したということになります。

レートの小数点第4位がpipsになります。

ドルストレートは馴染みもないということもあって、慣れない間はどの数字が動くとpipsになるのか非常にわかりにくいですね。

そして、FX業者によって通貨ペアのレートの桁数が異なっていたりします。

クロス円は少数点第二位、ドルストレートは小数点第四位が1pipsになるんだと覚えておけば良いでしょう。

下の画像だとpipsは赤丸印の位置となります。

FX取引における損益決定

pipsが何なのかお分かりいただいたところで、では1pipsだといくらの損益になるのかみていきましょう。

FX取引による損益は、値幅(pips)と取引数量(lot)で求められます。

計算式で表すと

損益(円)=値幅(pips)× 取引数量(lot)×100

となります。

では具体的に損益計算をみていきましょう。

クロス円の損益計算

ドル円が100.00の時に、1万通貨(1lot)で買い注文を入れました。

その後、レートが100.10に上昇したところで決済することにしました。

1万通貨で10pips上昇したところで決済した。ということですね。

10pips×1lot×100=1000円

となり、1000円の利益がでました。ということになります。

つまり、1万通貨で1pips動くと100円が増減します。

同様の考え方で

10万通貨(10lot)だと、1pips動くと1000円の増減。

1000通貨(0.1lot)だと1pipsで10円の増減。

100通貨(0.01lot)だと、1pipsで1円の増減です。

なんだ、lotを上げれば簡単に稼げるな。なんて勘違いしないようにしてください。

しっかり狙いを定めれば1pipsぐらい取れるなんて思うのもダメです。

”確実に”1pips取る。なんてことは不可能に近いです。そんな甘くはありません。

そんなことよりも利益を上げるための要素がもう一つありますよね。

pipsでした。

lotが小さくてもこのpipsを大きく取ることで利益を大きくすることができるのでした。

まずは月間ベースで獲得pipsがプラスを維持できるまで練習を重ねることが第一です。lotはその後調整すればよいでしょう。

獲得pipsが不安定な実力で大きなlotで取引してもまずうまくいきません。

ドルストレートの損益計算

損益(円)=値幅(pips)×ドル/円レート

ですが、誤差がでますね。

ドル円のレートが常に変動していますので仕方がありません。

損益がどのように計算されるのか知っておくのは重要ですが、損益を手計算で出すことは重要ではないのでザックリいきましょう。

「1万通貨で1pips=100円」とだけ覚えておけば、取引数量が増えても掛け算で対応できるのでおすすめです。

クロス円とドルストレートについては以下を参照ください。

クロス円とドルストレートって何?

pipsという単位が必要な理由

FXの世界では多くの国の通貨ペアが存在します。

それと同じ数だけ通貨の単位が存在することになります。

1銭、1セント、1ポンド、1ユーロ、1リラ、1ルピー・・・。

これらの通貨単位を統一するために、pipsという値動きの幅を表す単位が存在します。

1ヶ月で100万円を稼いだと聞くと凄いと思ってしまいますが、実際のところはどうでしょう?毎月安定して100万円稼げる実力を持っているのでしょうか?

損益を日本円で表すと、取引数量(lot)によって結果が大きくかわります。

pipsという単位を使うことによって、トレード結果を客観的に見ることが可能になります。

例えば、AさんBさんが1ヶ月間トレードしたとします。

Aさん:10万通貨でトレードして10万円の利益を出しました。

Bさん:1万通貨でトレードして3万円の利益を出しました。

どちらの人がトレーダーとしての実力があると言えるでしょう?

1ヶ月間の利益では

Aさん:10万円

Bさん:3万円

Aさんの方が大きな利益を出しました。

pipsで表すと

Aさん:100pips

Bさん:300pips

となり、Bさんの方が値幅では大きく取ったことになります。

利益は少なかったですが値幅を広く取れるBさんの方が、エントリーやエグジットの見極めがうまいと言えます。

利益を得た金額だけではトレーダーとしての実力は計れません。客観的に見るためにはpipsを使うことが便利なのです。

まとめ

  • pipsとは「クロス円」「ドルストレート」共通の通貨単位
  • クロス円では少数第二位がpipsの位置
  • ドルストレートでは小数第四位がpipsの位置
  • 数多く存在する国の通貨の単位を統一するためにpipsという単位がある
  • トレーダーとしての実力をみるにはpipsを使うのが便利

コメント