レジスタンスラインとサポートライン

相場のトレンドをみる基本的な考え方として、「押し目」と「戻り」そして「サポートライン」と「レジスタンスライン」があります。

新規にエントリーしようとしている人たち、既にポジションを保有している人たちそれぞれが、今後もトレンドが継続するか否かを見極めようと意識するポイントです。

今回はサポートラインとレジスタンスラインの役割と、売買判断の方法を見ていきましょう。

サポートライン(支持線)とレジスタンスライン(抵抗線)

サポートラインとレジスタンスラインが何なのかというと、ラインと呼ばれる通り一本の線で表されます。

下図にサポートラインとレジスタンスラインを、実際のチャートに書いてみました。

見ての通り、レジスタンスラインは抵抗線として機能し、レートがラインより上に上がるのを押さえます。そしてサポートラインでは支持線として機能し、レートがラインより下へ下がるのを支える働きをします。

いつかは上下どちらかへレートが進むわけですが、サポレジラインを活用することで2本水平線の中を動くレンジ相場であると現状の予測できます。

現状の相場環境の把握と売買の判断に利用するために、サポレジラインを引きます。

例えば上の図でしたら、目立つ安値と高値に水平線を引くことで、まずレンジ相場だと判断できます。

そうであるとわかれば、サポートラインに引き付けて買う。またはレジスタンスラインに引き付けて売りを考えることが基本となります。

中途半端な位置で仕掛けるリスクが排除され、有利なポイントでエントリーできますね。

押し目とレジスタンスライン

レートが上昇するとき、一直線に上昇していくことはありません。必ず上昇の中で一旦下落し、その後また上昇に転じる動きをします。

この上昇途中での一時的な下落を押し目と呼びます。

さらに押し目をつけた後、直近につけた高値を上回ることができるかどうかが今後上昇が続くかどうかの大きなポイントとなります。

直近の高値を超えてくると「上昇に勢いがある」と判断する人が増え、レートがさらに上昇していきます。

逆に高値を抜くことができないと「上昇の勢いが足りない」と判断され、上昇から下落へ転じやすくなります。

そこで、押し目となる直近の高値に水平線を引きブレイクしてくるかどうかに注意深くチャートを観察します。

このような、レートが上昇する際に意識されるような「関門」となる線のことを「レジスタンスライン」(上値抵抗線)と呼びます。

戻りとサポートライン

レートが下落する場合にも一直線に下落していくということはなく、一時的に上昇し再度下落が再開する動きとなります。

この下落中の一時的な上昇を「戻り」や「戻し」と呼びます。

そして、戻りの後に直近の安値を下抜けるかどうかが今後も下落が続くかどうかのポイントとなります。

直近安値を下回ると「下落の勢いが強い」と判断され、売り圧力が増えてレートが下落しやすくなります。

一方で直近安値を下回らずに上昇に転じた場合、「下げ止まった」と判断する人が増えてきます。

そこでレジスタンスラインと同様の考え方で戻りからの直近安値となる位置に水平線を引きます。

このような、レートが下落する際の節目になる線をサポートライン(下値支持線)と呼びます。

ラインブレイクはエントリーポイントの一つ

レジスタンスラインをブレイクしたら

直近の高値を上抜けするとそのまま上昇が続くことがよくあります。したがって、高値の位置にレジスタンスラインを引いてそこを上回ったら買いでエントリーすることが売買タイミングの判断の基本となります。

一方で逆張りする投資家や逆を狙う機関投資家もいる

「レジスタンスラインを上にブレイクしたらエントリー」は基本となりますが、ラインの少しブレイクした位置で大量の売り注文を投げでレートを下げようとする市場参加者もいます。

したがって単純に「レジスタンスラインを少しでも超えたらすぐに買いエントリーする」というのは危険で、必ず成功するとは限りません。

何本かローソクが確定するのを待ったり、時間がある程度経過するまで様子を見るなど慎重に判断していくことをお勧めします。

レジスタンスラインを使った買いエントリー例

実際のチャートにレジスタンスラインを引いてみると下図のようになります。

売買ポイントも図示してあるので見ていきましょう。

レジスタンス1のブレイク

大陽線が立ちレジスタンスラインをしっかりと上抜けしました。よって、大陽線確定から買っていくかレジスタンス1への押しを待ってエントリーする場面です。(買い1)

レジスタンス1をブレイクするまではもみ合いの中にあり、もみ合いからのブレイクは勢いがあるためグングン伸びていくことが多いです。

レジスタンス2のブレイク

こちらも大陽線が立ち強い上昇となっています。しかし、レジスタンス1と2の間に目立つ押し目がなく一気に上昇してきたためエントリーが難しい場面です。

飛びつきがちになるのもこのような局面。必ず上昇すると押しが入るので待ちましょう。レジスタンス2にきれいに押しが入りました。

レジスタンス3のブレイク

レジスタンス3のブレイクにより買い2の場所がエントリーポイントとなります。が、ブレイクに失敗しラインの中へ再び潜ってしまっています。

いわゆるダマシであり、損切りとなります。

買い3はレジスタンス上抜けに加え、前回ダマシとなった高値も突破しました。よって、信頼できるエントリーポイントであると言えます。

レジスタンス4のブレイク

レジスタンスライン4のブレイクからライン上へローソク1本、小さく押しが入った場面です。(買い4)

小さな押し+ライン上ということで自信を持ってエントリーできるパターンです。

 

サポートラインをブレイクしたら

買いエントリーをレジスタンスラインで判断するのと同様に、売りエントリーはサポートラインで判断できます。

戻りからの直近安値にサポートラインを引いておき、直近安値を下回ったときが売りエントリーの最も基本的なタイミングとなります。

これも買いエントリー同様サポートラインを下抜けてすぐにエントリーするのは控え、ローソク足が確定するのをまちます。逆の狙いをする投資家がいることを常に意識しましょう。

売りエントリーの例

サポートライン1のブレイク

直近の値動きはレンジでしたが大きな陰線をきっかけに下へブレイクしました。サポートラインに引き付けて売り1でエントリーす。

サポートライン2のブレイク

サポート2への戻りを待って売りエントリー(売り2)。ですが、再びサポート2の上へレートが上昇しダマシとなっています。エントリーポイントとしては悪くないため損切られたとしても良いトレードだと思います。

サポート3のブレイク

一気にサポートラインをブレイクしてきた場面です。売り3がエントリーの候補ではありますが、やはりサポートラインへの戻りがあるものです。

安全にいくためにも売り4からエントリーするのがよいでしょう。

 

水平線は2つの役割を兼ね合わせている

レジスタンスラインは上値を抑える抵抗線です。しかしブレイクされると今度はサポートラインとして機能することになります。

レジスタンスラインがサポートラインに切り替わるのです。これはサポートラインがレジスタンスラインになることも同様です。

つまり、1本の水平線はサポートラインでありレジスタンスラインでもあるということです。

レジスタンスラインを上にブレイクしたのなら、次はサポートとして機能しないか注目してみてください。

上記のエントリー例のチャート画像にも、サポートレジスタンス転換の場面があります。

さらに上昇相場や下落相場であっても、結局はサポートラインとレジスタンスラインの間を上下するレンジ相場の組み合わせで動いているだけだとわかります。

ラインブレイクするたびに一段上(下)のレンジに移行しているだけなのです。

 

ダマシにあった場合

レジスタンスラインを超えたので買いでエントリーしたものの、レートが下落しラインブレイクがダマシだったということがあります。サポートラインの場合も同様にダマシに会うことがあります。

このようなダマシは避けることができません。

ですので私たちはダマシがあることを前提に、このラインブレイクは本物であるかどうか見極めなければなりません。

そのために、チャートパターンや環境認識でエントリー精度を上げるべく努力しているわけですね。

思惑と異なる動きをしたのだから損切るしかない

想定と逆方向にある程度レートが動いたのだから失敗です。

ここは失敗と認めて損切りする必要があります。

例えば、レジスタンスラインを上にブレイクしたから買いエントリーしたものの、再びレジスタンスラインの下へレートが下げてしまった場合。

結局レジスタンスラインのブレイクはダマシであり、ラインブレイクはしなかったという事実があります。

このとき、上昇相場の中であるならば持ち続ける意味もありますが、エントリーの理由がブレイクアウトであった以上は損切るのがベストであると考えます。

エントリーした理由に反する動きを相場がしているからです。

損切りの方法はいろいろとありますので参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)