テクニカル分析とは何ですか?

FXの基礎

トレードで利益を出すには、相場がこれから上がるのか?下がるのか?を判断しなければいけません。

簡単そうに感じるのですが、実際にトレードをしてみるとこれが大変難しいことであると実感するかと思います。

運や勘に頼ってもうまくいきませんし、決して上がるか下がるかの2分の1の勝負ということでもありません。

常に相場の動く方向を見極めて、相場の流れについていく必要があります。

そして、この相場を見極める方法が「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」という方法になります。

今回は2つの方法のうち、「テクニカル分析」の概要と活用方法についてみてみましょう。

テクニカル分析≠インディケータ

テクニカル分析は、過去の値動きから未来に起こるであろう値動きを予測することを言います。

多くの人は、テクニカル分析と聞くと「インディケータ」を想像するかもしれません。

しかし、インディケータはテクニカル分析の方法論の1つということであって「テクニカル分析=インディケータ」となるわけではありません。

インディケータはテクニカル分析の1部分であると考えておかないと、FXの目的が勝てるインディケータ探しになってしまうかもしれません。

万能なインディケータというものはありません。

インディケータの罠

インディケータとは、移動平均線、ボリンジャーバンド、RSIのようなものを指します。数が多く多種多様ですね。

これらのインディケータの組み合わせやラインのクロスから、エントリーや手仕舞いを判断する。といった使い方をしているはずです。

売買判断に直接関わってくるため、インディケータを使いこなすことがテクニカル分析であると考えがちですが、これだけでは勝てませんよね?

それで、インディケータの使い方について詳しく学んだり

インディケータの勝てるパラメータを探してみたり

複数のインディケータを画面いっぱいに表示させてみたり

あらゆることを試した経験のある人も多いかと思います。

インディケータに囚われすぎると、自分の思い描くインディケータ探しやパラメータの研究に没頭することになり、「失敗→別のもの(手法)」をループすることになります。

試行錯誤はよいかと思うのですが、FXで稼ぐという目的から外れていて足踏みして進んでいない状態です。

インディケータだけでは勝てない

私もFXを始めたころは、インディケータを重視していたものです。売買サインが出たからエントリーをする。サインを無視してトレードするならば、何を頼りにエントリーすれば良いのわかりませんでしたから。

しかし、うまくいくこともなくインディケータだけに頼ったトレードの結論は以下の3つです。

  • インディケータについて誰よりも詳しく知っていても、トレードでは勝てない
  • インディケータには万能なパラメータなんてものはない
  • インディケータを複数表示させたところで役には立たない

とはいえインディケータの役割は大きい

インディケータでは売買サインに注意が向きがちですが、トレンド系やオシレータと分類されているように役割というものがあります。

例えば、移動平均線であればトレンド系インディケータの代表格ですね。RSIはオシレータになります。

これは相場をどのような視点で見たいかによって、使うべきインディケータが変わるということです。相場のトレンド方向を見たいのに、RSIを使ってもうまくトレンドは把握できません。

RSIで押し目ポイントがわかりますが、トレンド方向を把握できているからそのように使えるということであって、トレンドを把握するためにはやはりトレンド系の移動平均線となります。

結局のところテクニカル分析とは

テクニカル分析とは、過去の値動きから、未来に起こるであろう値動きを読むことでしたね。

結局どういうことかと言いますと、「ローソク足チャートを読むこと」になります。純粋にローソク足が作るチャートの流れを重視しすることが大切です。

チャートを読むことは難しいのですが、そのヒントを与えてくれるものがインディケータであって、チャートを読むための補助的なツールでしかありません。

ローソク足チャートはなぜ大切か

レートの動きを時系列に連続して表示していったものがチャートということになるのですが、このチャートが出来上がった背景には市場参加者の心理状態の現れの結果です。

「市場参加者」「心理状態」といわれても数値で見えるわけでもなく曖昧に感じるため、イメージがつかないかと思います。

しかし、サポレジラインやトレンドラインが機能することを考えると、ローソク足チャートは人間が動かしています。

一例として、上昇相場にトレンドラインを使った場合を考えてみます。

引き方によって多少誤差がでますが、アップトレンドがはっきりと見られるのであれば100%右肩上がりのラインを市場参加者は見ています。

上昇相場である以上はトレンドラインにタッチしたポイントというのは、市場参加者の大数が買いで参入してきます。

トレンドの継続を期待する心理や、押し目買いの絶好ポイントであると人は判断するからですね。

このときトレンドラインの他に、移動平均線が右肩上がりで推移しているような複数の根拠が加わると、さらに買われやすい地合いが出来上がることになります。

結果、チャートは上昇相場を継続する流れを作っていきます。

上記のような形でチャートというものが作られていくわけで、ローソク足チャートは投資家心理を本当によく反映しています。

そして、この市場参加者の投資家心理は「楽観・恐怖・欲望」のような人間の感情そのものですので、この先永久に変わることがないものである点がポイントです。

おわりに

一人で画面に向かって淡々と売買を繰り返すのがトレーダーです。

そのせいで、一人でチャートと向き合っているように思いがちになりますが、画面の向こうには世界中の多くの人が自分と同じように相場に参加していることを意識することが意外と大切になります。

自分が買いポジションを持っていても、必ず売りポジションをもっている人がいます。一方でポジションをもっていない人も必ずいます。

目的は共通して利益をだすことであるにも関わらず、やってることは皆バラバラなのですよね。

ですので、相場はいま

  • 買い優勢であるか?
  • 売り優勢であるか?
  • 売買拮抗しているのか?

これらの判断がトレードの全てであり、見極めるためにテクニカル分析を使います。

コメント