ラインを1本引くことで相場の方向がわかります|トレンドラインの引き方解説

トレンドライン

相場の上昇・下落・レンジを判断するには、チャートにラインを1本引くだけで判断できます。このチャートに引いたラインをトレンドラインと言うのですが、とても奥が深いものです。

お勧めするテクニカルは何ですか?と聞かれたら

「トレンドラインです。」

と迷わず答えます。それを聞いてガッカリするようなら、トレンドラインの威力と良さに気づいてほしいです。

チャート分析をするために一番初めに覚え、以後FXをやり続ける限りずっと使っていくことになることは間違いないでしょう。ただの線ですが、これだけで相場から色々なことが見えてきます。

今回は、使い方というよりはトレンドラインを知らない方向けに解説していきます。

トレンドラインって何?

トレンドラインは呼び名通り、相場のトレンドに沿って引いたラインのことで

  • アップトレンドの目立つ安値を2点以上結んだ右肩上がりのライン
  • ダウントレンドの目立つ高値を2点以上結んだ右肩下がりのライン
  • レンジであれば、方向感がないため水平なライン

のことをいいます。

レンジに引かれる水平線はトレンドラインではありませんが、ラインのお仲間として加えました。

水平線はサポートラインとレジスタンスライン。サポレジラインとよく呼ばれます。

ラインを引くことで現在のトレンド方向がパッと見てわかるようになります。

下のチャートにトレンドラインを引いてみます。上昇している様子ですが、ラインを引くことで下落から上昇に転じた場面もはっきりと見えてきます。

トレンドラインを引くと下のチャートになります。

下降トレンドラインが青。上昇トレンドラインを赤で引いてみました。

どこまでがダウントレンドで、どこからアップトレンドが始まったかパッとわかります。下落から上昇に転じるとき、レンジを作って上昇に弾みをつけていることにも気づけるでしょう。

ラインを引くだけでずいぶん相場状態が見えてくると思いませんか?

トレンドラインは、ローソク足チャートに自分でラインを引かないといけません。

始めはどのように引けばよいのかわからないですが、目立つ高値同士、安値同士を結ぶというルールの下、実際に引いてみることがお勧めです。

トレンドラインの引き方

チャートの見方によっては自由にラインを引けてしまうため、どのようにトレンドラインを引けばいいのかわからないといった悩みがあります。

最初は「こんな引き方でいいのだろうか?」と思うことばかりですが、以下のルールに従ってライン引きの自信をつけていきましょう。

  • アップトレンドであれば、目立つ安値2点を結ぶ
  • ダウントレンドであれば、目立つ高値2点を結ぶ

これだけなので、目立つと思う高値安値を選んでラインを引きます。選ぶ高値安値に正解はないので、ここかな?と思う場所へバシッと引いてみましょう。

以下は、トレンドラインを引いた一例です。

アップトレンドのトレンドライン=サポートライン(支持線)

A点を起点にB点とラインを結ぶと、上の図のような右肩上がりのトレンドラインができあがります。

B点以降ラインを下抜けることなく上昇基調であり、C、D点でも反発しているため機能しているトレンドラインだといえます。

特にC点では下へ抜けようかという場面でしたが、下ヒゲをつけて実体がライン上で引けています。ダマシだったわけですが、トレンドラインが意識されているということです。

3点以上支えられるラインは意識されているラインであり、その後もライン上で支えられる可能性が高くなります。

サポートライン(支持線)の役割も持つため、トレンドラインに引き付けて買うことが基本戦略です。

ダウントレンドのトレンドライン=レジスタンスライン(抵抗線)

A点を起点にB点を結ぶと上の図のような右肩下がりのトレンドラインが完成します。

C点では上抜けしていますが押し戻され、トレンドラインとして機能しているようです。

ダウントレンドの場合は、レジスタンスライン(抵抗線)の役割を持つため、トレンドラインに引き付けて売ることが基本戦略です。

それでもどのように引けばわからない場合は

トレンドラインの例を紹介しましたが、それでも実際どう引けばいいかわからないかと思います。

難しいのは大勢の人たちが意識しているトレンドライン(機能するトレンドライン)を引くということ。

ですが、機能するラインかどうかは後になってみないと誰にもわからないことです。

機能するラインを引こうと意識しすぎると、せっかく引いたトレンドラインに自信が持てなくなりトレードに活用できません。

「機能するラインがどれかなんて答えは誰にもわからないんだ」ということを理解した上で、引けそうな場面があれば何本か引いてみることが大切です。

どの高値・安値を基準にすればよいかわからない

ライン引きのコツとしては、高値や安値がはっきりと山や谷を作っている場所。

こういった場所は誰が見てもそう見えるのでよく利くポイントです。

ラインの起点も最安値や最高値から引く以外にも、波の途中から引けそうなら積極的に引いてみるのも良いでしょう。

高値または安値が2点確定した時点でサッとラインを引いてしまうのも有効です。

その後のラインへの反応をみつつ、ダメなら再度引き直せばいいのです。

ローソク足の実体とヒゲどちらを基準にすればよいかわからない

ラインをヒゲ先から引くか実体で引くかのルールはありませんので、相場の状況から判断します。

なので、実体同士のトレンドラインやヒゲから実体へのトレンドラインもありです。

今後も機能すると思われるラインを引くことが目的ですからね。

トレンドラインを引いても利きが悪く、メリットが感じられない

トレンドラインを引いても、自分がエントリーしたときに限って易々とブレイクしてくる。良くあることなのでわかります(笑)

トレンドラインと切り下げ(上げ)ラインを区別しているでしょうか。

この2つのラインは別物です。切り(上げ)下げラインにも目立つ2点を結んだ斜線が引けます。ですがこのラインは補助線的な役割しか持っていないため利きが悪いのです。

5分足や15分足の場合、トレンドラインとしての寿命が短いです。慎重にエントリーしようとする頃にはトレンドが完成していることが多く、含み益から損切りへ転じていくパターンが多くなります。

時間軸によりトレンドラインの意識される強さが違うため、長期足のトレンドラインを軸に仕掛けるのが無難です。

15分足がメインならば、1時間足のトレンドラインも引いておきましょう。

より長期足の時間軸で引いたラインほど意識されます。

5分足<15分足<1時間足<4時間足<日足<週足<月足

トレンドラインはしばらくの間は残しておこう

トレンドラインがブレイクされても終わりではありません。トレンドが強い場合は、トレンドが再開してトレンドラインへ回帰することがあります。

もう一つはトレンドラインはサポレジラインになるのでしたね。覚えていますか?

サポートラインとして機能していたトレンドラインが、ブレイク後はレジスタンスラインとして機能していることに注目してください。

トレンドラインをブレイクされても、その後も意識されるラインとなるためしばらくは消さずに残しておきましょう。

トレンドラインの真価は未来予測

トレンドラインの意味と引き方が理解できたところで、トレンドラインを使った具体的な活用法をみていきたいですね。

説明のためにすでに出来上がったチャートでトレンドラインをみてきましたが、私たちが知りたいのは今からのレートの動きです。

下の画像はドル円の日足です。これを使って考えて見ましょう。

アップトレンドなので、目立つ安値同士を2点見つけてラインを引きます。

するとAを起点としたABラインとA’を起点とするA’Bが引けると思います。

ABラインはB点以降2回ほど支えられており、意識されているラインでしたが現在下抜けした状況です。上昇の勢いが衰えてきたことが読みとれます。

そうなると、次に目を向けるのはA’Bラインになりますね。こちらもB点以降何度もサポートされている重要ラインです。

上昇の勢いが衰えていますがアップトレンドは崩れていないため、A’Bラインに沿った上昇が続くだろうと予想できます。

そして、ABラインがレジスタンスラインになる可能性があることを考慮すると、今後はA’BのトレンドラインとABラインのレジスタンスの間を動いていくことになる可能性が高そうです。

また、A’Bラインをも下抜けしてくるようであればアップトレンドの終了も疑っていきます。

トレンドラインを引くことで、現在の相場状態が具体的に見えてきました。

  • 現在はアップトレンド(環境認識)
  • A’Bラインに沿った上昇継続(エントリーポイント)
  • 上値の目処はABライン(利食い位置)
  • 上昇の勢いは衰えているが、目線は上(積極的なトレードは適さない)
  • A’Bラインを下にブレイクするようなら上昇トレンド終了を疑う(損切り位置)

この情報を元に、売買戦略に役立てることができますね。

まとめ

  • 相場の方向をみるためにトレンドラインは便利
  • アップトレンドでは目立つ安値同士の2点にラインを引く
  • ダウントレンドでは目立つ高値同士の2点にラインを引く
  • トレンドラインはサポートラインとレジスタンスラインの役割を持つ
  • 多くの人が意識していると思われるラインを採用する
  • トレンドラインをブレイクしても、しばらく消さずに残しておく。サポレジ転換するかもしれません

トレンドラインは移動平均線のようなテクニカル指標と違って、自分でチャートへラインを引かなければなりません。

このライン引きは、チャートをみるポイントによって人それぞれ異なるラインを引くことになります。

そんな数多く引かれるラインの候補から、今後も機能しそうな意識されるであろうトレンドラインを見つけないと活用できません。

始めは練習あるのみです。既存の出来上がったチャートで沢山ラインを引いてみましょう。

一歩ずつ足を進めていくのがFXで成功する近道です。

コメント