「トレンド相場」「レンジ相場」を見極める

FXの基礎

トレードをするとき、これから買っていくか売っていくかを決めないといけません。

チャートがうまく読めなくてもなんだか今上がってる、下がっているという判断はできますが、判断基準がないと「上がっている感じ」のようなアバウトさがついてまわります。

そんな感覚で実行するトレードは不安でしかありません。

今の相場はどういう状況であるかしっかりと判断し、優位のある方向へついていこうというのが今回のお話となります。

とはいえ、相場はコロコロと動きを変えるため読むことなど困難なこと。

しかしある程度は先の動きを予測できるのも相場です。

まずは相場を大きく二つに分けることから始めましょう。

相場の種類は2つだけ

不規則な動きをする相場ですが、「方向感がでているか」「方向感がないか」という二種類しかありません。

上昇(下落)している縦方向の動きがあるか、上昇も下落もせず横向きの動きをするかの二つしかないということです。

相場はすべてこの二つのパターンが組み合わせの動きしかないため、どんなに複雑に見えても、今は「方向感がでているか」「でていないか」のどちらかでしかありません。

そして、方向感の出ている相場状態をトレンド相場、方向感のない相場状態をレンジ相場と言います。

トレンド相場とレンジ相場

図を見れば説明なんていらないぐらいわかりやすくなるので図をみましょう。

アップトレンド

これがトレンド相場です。明らかに上昇しているのがパッと見てわかると思います。

上方向へ向かっているのでこれは「アップトレンド」です。

押し目を作りながら高値を切上げ、安値も切上げ上昇を続けていきます。

実際のチャートでは下図のようになります。

この段階では見た感じ上昇している、という印象です。

 

さらに、この図に線を入れると具体的に上昇しているんだとはっきりします。

ずいぶんとわかりやすくなりました。実際にはイメージ図通りなきれいな上昇の形にはなりませんが、間違いなく上昇しているという相場です。

ダウントレンド

こちらは下方向へ向かっているので「ダウントレンド」です。

戻りをつけながら高値を切下げ、安値も切下げながら下落を続けていきます。

実際のチャートでのダウントレンドは以下になります。

こちらもチャートに線を入れてみます。

どこを高値・安値とみなすかでラインを引く起点が変わってきますが、確実に下方向へ下落している様子がわかります。

レンジ

最後にレンジ相場をみてみます。

 

 

同じ安値・高値の位置で上下にジグザグしています。上にも下にも伸びないため時間経過と共に横方向へ進んでいくような形です。

価格がどちらの方向へいこうか迷っているのがレンジ相場です。

レンジ相場を実際のチャートでみてみましょう。

上下のラインに挟まれた中を価格が動いている様子です。上がったと思えば下がり、下げればまた上がる、結果横ばいの動きとなります。

レンジ相場にも線を入れてみましょう。

方向感はありませんね。ぐしゃぐしゃな感じです(笑)

「トレンド相場」「レンジ相場」の見極めから

値動きは、トレンド相場は一方向へ進んでゆき、レンジ相場では上下一定の範囲内を動くことがおわかりだと思います。

トレンド相場では買って(売って)いれば利益が増えていき、レンジ相場ではなかなか利益にならないことがイメージできます。

つまり、トレンド相場とレンジ相場では取るべき戦略が違ってきます。

トレンド・レンジ基本戦略

トレンド相場とレンジ相場の大前提のエントリー手法。

トレンド相場の場合は、方向のでている向きへついていく。

レンジ相場の場合は、一定の幅を作っている下限からエントリーして上限までを狙う。または上限からエントリーして下限までを狙う。

という当たり前のような手法を使います。

しかしこの「当たり前」が非常に難しいんですよね。相場の方はひねくれ者ですが、自分はとにかく相場の動きに素直でいる、身を任せる?というようなスタンスが一番です。

一つずつ相場について学んでいく

トレンド相場を図で示しましたが実際のチャートとは異なります。実際のチャートも確かに上昇しているのですが、その過程がきれいな形をしておらず結果を見るまではトレンドと見て良いかどうか判断が難しいところです。

方向の出ている向きへついていくにしても「何を理由に方向がでていると考えるのか」「どこまで伸びるのか」などなど。

色々と考えることは多くあります。

実はレンジにも種類が多くあり、覚えることは多かったりもします。

でも今はそういうのは一切無視して「トレンド相場」と「レンジ相場」どちらで動いているのかだけに絞りましょう。

これだけでも自分が取るべき立ち振る舞いが決まります。それだけで有利です。

まとめ

  • 相場には「トレンド相場」と「レンジ相場」の二種類しかない
  • トレンド相場は、上昇か下落のどちらか一方向へ価格が向かう
  • レンジ相場は、一定の範囲の幅で上下に価格が動く
  • 実際の相場は、理想的なきれいな動きはしない。(学んだことを相場に適用しようとしてもわからない原因)
  • 「トレンド相場」「レンジ相場」を判別するだけで有利な状況になる

次回もトレンドについて。

トレンドの定義についてみていこうと思います。

 

 

 

 

コメント