トレンドラインブレイクアウトの考え方

トレンドライン

トレンドラインをブレイクするときというのは、大きく勢いをつけて抜けることが多いです。

トレンド転換の初動や、レンジ抜けという場面ですが飛びつくことは大変危険であり、ダマシか本物か見極めた上でエントリータイミングをはかる必要があります。

今回はトレンドラインや水平線のブレイクアウトの考え方についてみていきましょう。

ブレイクアウトの考え方

価格が節目となるラインを越えたときや、トレンドラインをブレイクしたとき、損切り注文をまきこみレートが大きく動きます。

これがブレイクアウトするときの基本的な考え方になります。

損切り注文が集中する場所

段階的に上昇を続けた相場は、直前のサポートになりそうな場所へ損切りの注文が集中します。主に、目立つ谷や山を作った安値と高値の下へ置かれることが多いです。

上昇も頭打ちとなり、サポートラインを割り込んでくると、損切り注文が執行されレートが下落します。

このとき新規の売り注文も加わって、しっかりとした下落の流れが作られます。

こうなってくると、もっと以前からポジションを持っていたとレーダーたちも損切りや利食い売りを始めてくるため、さらに勢いをつけた下落という流れがおこります。

長く続くわかりやすい上昇や下落を続けている相場ほど、いったん下落を始めれば一気に下げやすいと言う特徴があります。

 

 

 

コメント