トレンドラインが機能する理由

トレンドラインを引くと、価格がライン上で反発して順行してゆきます。

このトレンドラインは、個人の主観で引かれるラインです。よって引かれたラインに正解はありません。

そんなラインがなぜ機能するのでしょうか。

トレンドラインと水平線

トレンドラインと水平線は同じ1本のラインですし、斜めか水平かの違いしかありません。

ですが、水平線は参考になるがトレンドラインのような斜め線は扱いが難しいとの意見や、機能しないとも言われたりもします。

これは水平線は直近の高値・安値や切り番など、過去に意識された価格帯へ引かれるラインで、多くの人が同じように同じ場所へラインを引くことができるためです。

ラインを引くのに迷うようであってもズレが少ないことが水平線の特徴です。

対してトレンドラインは高値同士・安値同士を結んだラインであるため、高値安値の見方によって引かれるラインがずいぶんと変わります。

さらに斜め線は時間の経過と共に誤差が大きくなる特徴があります。

トレンドラインには価格のポイントに加えて時間の考え方が加わっています。

トレンドライン上で反発する理由

相場は上昇するにせよ下落するにせよ、一方向へ伸びているように見えますが必ず上下しながら階段状に進んでいきます。

多くの相場参加者が、あるポイントで買い、利益を確定するために売り。を繰り返すことでジグザグとした波形のような形を形成しながら相場は作られていきます。

相場を作っているのはトレードしている人ということになります。

そんな相場参加者がどこで買い、どこで売るのか。注文が集まりそうな価格帯はどこなのかということになります。

多くの人が意識し注文が集中しているから

これがラインがトレンドラインとして機能する性質です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)