トレンドラインと切り上げ(下げ)ライン。あなたが引いたラインは本当にトレンドライン?

トレンドライン

目立つ高値と高値、または安値と安値を結んだラインをトレンドラインといいます。

チャート分析をするにあたり、そのお手軽さから初心者の人でも取り組みやすい分析手法ですね。

問題は高値や安値の2点が決まれば自由に引けてしまうこと。つまり、意味のないラインもいくらでも引けてしまうということにあります。

これはトレンドラインだと勘違いした状態でトレードすることに繋がるため非常に危険ですよね。

「あなたが引いたラインはトレンドラインですか?」

この問いかけに自信をもって「はい!」と答えられないのであれば、「トレンド」や「トレンドライン」の定義を見直すことが効果的です。

今回は、トレンドラインを引いたけど「トレンドラインなのかどうか自信が持てない」という方への内容です。

「トレンドライン」と「それ以外のライン」は区別してラインを引けるようになりましょう。

トレンドラインの定義を再確認

どんなラインをトレンドラインと言うのか。復習です。

 

トレンドラインの定義

  • アップトレンドの目立つ安値を2点以上結んだ右肩上がりのライン
  • ダウントレンドの目立つ高値を2点以上結んだ右肩下がりのライン

トレンドラインのイメージは以下の通りです。

安値を切り上げ、高値も切り上げたチャートに対し、目立つ安値の2点間を結んだラインがトレンドラインになります。

実際のチャートでは、こんなイメージ図通りにきれいに動かないため難しく感じるかもしれません。

ローソク足チャートにトレンドラインを引くと以下のようになります。

見るべきポイントは安値が切り上がっているとき、新高値が直近の高値をしっかりとブレイクして切り上がっているかどうか。

抜けが甘い場合「ダマシ!」のように上抜けに失敗してきます。

これを回避するために、ローソク足の確定を待ってしっかりと抜けたことを見届けることがコツです。

トレンドラインと自信を持って答えるために

「アップトレンドの2点間」「ダウントレンドの2点間」という「トレンドが発生している波」に対して引いたラインが本当のトレンドラインです。

トレンドラインが完成する過程

引いたラインがトレンドラインか否かはおいておいて、目立つ2点間が作られた時点でラインを引いておくことは効果的です。

実際のトレードでは先にシナリオを立てられる準備をして、色んな可能性を検討しなければいけません。

このとき、きれいにラインが引けたからトレンドラインだ!とは限らないことを頭の隅に入れておく必要があります。

そして始めに引いたラインは都度、引きなおしていくものです。

トレンドライン候補はこの辺りで引けるが

画像のように、安値が2点決まった時点でラインは引けますね。ただし、この段階ではトレンドラインではありません。

高値が確定してないからですね。直近の高値を更新して新高値をつけてくれないと高値切り上げになりません。

本物のトレンドラインになるためには青い破線(直近の高値)を上抜けしないといけません。

ですので、今の状態はトレンドラインではなく「切り上げライン」となります。

エントリー候補にはなりえない場面ですが、上昇を見込んだ目安となるラインとして活用できます。

トレンドラインではないため、簡単に下方向へブレイクされるのも特徴です。

ここで初めてトレンドラインの完成

直近の高値を更新したら、ここで初めてトレンドラインです。

安値の切り上げだけでなく、高値の切り上げの確定もしっかりと確認しましょう。

これで次の安値はトレンドライン付近に作られる可能性が高くなり、次の高値更新を狙ったトレード根拠になります。

切り下げラインは押し目の終わりを教えてくれる

トレンドライン以外のラインは意味がないのかというとそうでもなく、押し戻しの終了を判断するために使えます。

押し戻りのポイントを判断するのは難しいのですが、ラインを1本引いておくことで判断できるため侮れないほどに役に立ちます。

切り下げ、切り上げラインを使うコツは現在の相場の大きな流れを把握しておくことです。

 

コメント